ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニューズウォッチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニューズウォッチ」に関する情報が集まったページです。

真説・人工知能に関する12の誤解(7):
プライバシー保護のせいで、日本の人工知能活用が遅れている?
人工知能には質のよいデータが必要――。昨今、多くの企業がさまざまなデータを取得しようとしていますが、プライバシーの問題が立ちはだかるケースも少なくありません。しかし、法律がデータ活用に歯止めをかけている、というのは間違った認識だと思います。(2017/9/21)

アプリも価格も情報もホーム画面から素早く検索 「iSearch widget free」
知りたい情報や買いたい商品の値段、ダウンロードしたいアプリをホーム画面から素早く探せるのが、このアプリだ。(2011/7/6)

ビデオリサーチインタラクティブ調査:
TogetterやUstream、まちBBSのユーザー数急増
東日本大震災が起きた3月、ライフライン各社のサイトやニュースサイトなどにアクセスするユーザーが急増。震災関連情報が集まったTogetterなどのネットサービスもユーザー数が増えた。(2011/4/13)

「フレッシュアイ」運営のニューズウォッチ、ヤフーが売却
ヤフー子会社で「フレッシュアイ」などを運営するニューズウォッチをフュージョンパートナーが買収。サイト内検索ASP「サイトサーチ」について、ヤフーとの業務委託契約が終了するという。(2010/11/15)

話題の言葉をワンクリック検索 「コトバノウチュウ」
星図のように散りばめられたキーワードを選び、ワンクリックで検索できる「コトバノウチュウ」がオープンした。(2008/9/2)

6月の国内Webサイト調査、iPhone発売でITニュース系のビジター増
7月11日のiPhone発売を前に、販売元のソフトバンクモバイルやITニュースメディアのビジターが急増した。(2008/9/1)

餃子事件でニュースサイトのビジター増、1月の日本のWeb利用
大阪市長選や大相撲、餃子事件でニュースサイトのビジターが増え、教育やキャリアなど、「新年の計画」に関連するサイトもビジターが増えた。(2008/3/3)

ヤフー、企業サイトに検索機能を無料提供
Yahoo!JAPANのWeb検索と、サイト内検索の機能を無料で自社サイトに組み込めるサービスが始まった。(2008/2/8)

ヤフー、企業向けにWeb検索とサイト内検索サービスを無償提供
ヤフーとニューズウォッチは、企業および商用サイト向けにWeb検索とサイト内検索が1つの検索窓からできるサービスを提供する。(2008/2/8)

Wikipedia、ニュース、Webを一括検索 フレッシュアイで
(2007/11/20)

株価チャートも“一発表示”の携帯向け検索サービス
携帯からの検索サービス「代わりに検索」は検索ワードから検索者の知りたいことを読み取り、知りたいことをできるだけ“直接表示”する。例えば「ヤフー 株価」と入力するとヤフーの株価チャートが表示されるのだ。(2006/12/6)

ニューズウォッチ、ニュースやブログを3800トピックでランキング
ニューズウォッチが運営する検索ポータルサイト「フレッシュアイ」は、ニュースやブログなどの最新情報を活用し、あらゆる角度からランキング表示する実験スペース「フレッシュアイラボ」をリリースした。(2006/6/13)

「フレッシュアイ」で注目上昇中のキーワードをチェック
(2006/6/12)

ヤフーが「フレッシュアイ」を傘下に
「フレッシュアイ」を運営するニューズウォッチをヤフーが子会社化。フレッシュアイが強いリアルタイム検索技術を活用し、Yahoo!ニュースを強化する。(2006/3/24)

マスコミ“以外”限定のニュースポータル
(2006/3/1)

メール情報検索サービス「ニワンゴ」、βサービス開始
ニワンゴは1月16日、無料メールポータルサービス「ニワンゴ」のβバージョンを公開した。携帯メールを利用した情報検索が特徴。(2006/1/16)

「フレッシュアイ」でjigブラウザの提供を開始
(2005/10/28)

円谷チャンネル-BB、「帰ってきたウルトラマン」配信開始
松下電器産業は1月6日、有料ブロードバンド配信サービス「円谷チャンネル-BB」で「帰ってきたウルトラマン」の本編全51話の配信を開始した。(2005/1/6)

「フレッシュアイ」でも年間トップは「2ちゃんねる」
検索サービス「フレッシュアイ」における「2004年検索キーワード」の総合1位は「2ちゃんねる」だった。(2004/12/14)

自社Webサイトの使いやすさにこだわる企業をサポート、ニューズウォッチの新ツール
ニューズウォッチは、Webサイトから来る問い合わせメールへの対応をサポートするASPサービス「サイトナビコンタクト」をリリースしている。(2004/7/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。