ニュース
» 2010年11月17日 07時40分 UPDATE

Apple、サーバ向けMac OS Xのセキュリティ問題に対処

Mac OS X Server 10.6.5で「Dovecot」をメールサーバとして設定している場合、ユーザーが他人あてのメールを受信してしまう可能性があった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleはサーバ用OS「Mac OS X Server 10.6.5」の更新版を11月15日付で公開し、メール処理に関するセキュリティ問題に対処した。

 同社のセキュリティ情報によると、この問題はMac OS X Server 10.6.5のビルド「10H574」に存在する。オープンソースのメールサーバ「Dovecot」でユーザー名を処理する方法に問題があり、Dovecotをメールサーバとして設定している場合、ユーザーが他人あてのメールを受信してしまう可能性があった。Appleは更新版のビルド「10H575」でこの問題を解決している。

 DovecotはMac OS Xのサーバ版のみに組み込まれている。今回の問題の影響を受けるのはMac OS X Server 10.6.5のみだという。オープンソースプロジェクトのDovecotは影響を受けないとしている。

関連キーワード

Mac OS X | サーバ | Apple | 脆弱性


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -