ニュース
» 2010年12月03日 16時45分 UPDATE

高校生エッセイコンテスト受賞作、2chの有名コピペにそっくり

日本福祉大と朝日新聞社が実施した高校生エッセイコンテストの受賞作品が、2chのコピペ文にそっくりという指摘を受け、同大が調査している。

[ITmedia]

 日本福祉大学と朝日新聞社が主催した「高校生福祉文化賞エッセイコンテスト」の受賞作品が、「2ちゃんねる」に投稿された有名なコピペ文に似ているとの指摘があり、同大学は受賞作をWebサイトで閲覧できないようにした上で、事実関係を調べている。

 問題になったのは、コンテストの「第1分野 人とのふれあい」部門で優秀賞に選ばれた「空の絵」というエッセイ。福岡県の高校生の作品で、空の絵が上手な友人と、一見厳しい担任教師との交流を、小学生時代の思い出としてつづっている。

 だが、文章や内容が、感動的な内容で有名になった以下の2ch投稿文に酷似していた。この文章は少なくとも2004年には存在していたようで、その後2chに繰り返し投稿されている。

2chのコピペ(冒頭部)

小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。

でも、絵が上手な子だった。

彼は、よく空の絵を描いた。

抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。

冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。

N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。

私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、

全校集会で先生のお別れ会をやることになった。

生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。

全文


 コンテストは、高校生に福祉について考えを深めてもらう目的で実施し、今年で8回目。5〜7月に作品を募集し、10月に受賞作を発表。優秀賞には5万円を贈った。

 同大学はコンテストの公式サイトで受賞作品を公開していたが、11月末にネットユーザーからメールで指摘を受け、12月3日までに閲覧できない状態にした。

 同大学の担当者は、事実関係を「調査している」段階で、今後の対応は「検討中」としている。

関連キーワード

コンテスト | 2ちゃんねる


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -