ニュース
» 2010年12月15日 07時00分 UPDATE

位置情報共有できる「Google Latitude」アプリ、iPhone向けに公開

友人と位置情報を共有できる「Google Latitude」がiPhoneアプリになった。

[ITmedia]

 米Googleは12月13日、Google Mapsで位置情報を共有できる「Google Latitude」のiPhoneアプリを公開した。

ah_latitude.jpg

 Google Latitudeアプリでは、自分がどこにいるのかを友人に知らせたり、友人の位置情報を確認することができる。アプリを閉じてもバックグラウンドで情報を更新できる。友人に電話やメールで連絡することも可能だ。

 Googleは昨年、この機能をWebアプリとしてiPhone向けに公開した。当時その理由について「iPhoneの標準の地図アプリとの混同を避けるため、Webアプリとして提供するようAppleから要求された」ためと説明していた。

 LatitudeアプリはiOS 4搭載のiPhone 3GS、iPhone 4、iPad、iPod touchで利用できる(バックグラウンドでの更新は3G回線のみ)。英語のほか日本語など15あまりの言語に対応する。

 このほかGoogleは同日、モバイル向けのGmailの最新バージョンを日本語も含め44言語に拡大することも明らかにした。

関連キーワード

Google | iPhone | Google Latitude | iPhoneアプリ | 位置情報


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -