ニュース
» 2011年01月06日 11時15分 UPDATE

2011 International CES:AndroidタブレットにもWindowsノートPCにも――Lenovoがハイブリッドマシン

Lenovoの「IdeaPad U1 hybrid with LePad Slate」は、AndroidタブレットとWindows 7搭載ベースステーションを組み合わせたハイブリッドデバイスだ。

[ITmedia]

 Lenovo Groupは1月5日、タブレットとノートPCを組み合わせたハイブリッド型デバイス「IdeaPad U1 hybrid with LePad Slate」を発表した。

ah_lepad1.jpg

 この製品は、Android搭載のタブレット「LePad Slate」と、Windows 7を搭載したキーボードつきベースステーション「IdeaPad U1」を組み合わせたもの。LePadをタブレットとして利用したり、U1に取り付けてノートPCのように使うことができる。

ah_lepad2.jpgah_lepad3.jpg ノートPCのように使ったり(左)、LePadタブレットを取り外して単体で使うこともできる

 LePadは重さ2ポンド(約907グラム)弱、厚さ0.5インチ(約1.3センチ)。Android 2.2、QUALCOMMのSnapdragonプロセッサ、10.1インチディスプレイ、前面カメラを搭載し、バッテリー駆動時間は最大8時間。

 IdeaPad U1はWindows 7 Home PremiumとIntelの省電力プロセッサ、フルキーボードを搭載。「Hybrid Switch」機能で、シームレスにOSを切り替えられるという。

 IdeaPad U1 with LePadは2011年第1市販期中に中国で発売する。価格は8888元(1300米ドル)。LePadタブレット単体でも3499元(520米ドル)で販売する。ほかの地域での発売については要問い合わせとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -