ニュース
» 2011年01月20日 07時59分 UPDATE

Microsoft、ソフトウェアのセキュリティを検証する新ツール発表

開発者向けツール「Attack Surface Analyzer」では、ソフトウェアをインストールする前とインストールした後のシステムの状態を比較できる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米MicrosoftはセキュリティカンファレンスのBlackhatで、ソフトウェアのセキュリティを検証するための新ツール「Attack Surface Analyzer」のリリースを発表した。

 MicrosoftやSANS Internet Storm Centerなどのブログによると、同ツールではソフトウェアをインストールする前とインストールした後のシステムの状態を比較し、そのソフトウェアがシステムにどんな影響を与えるか、どんなリソースを利用するか、どんな変更を加えるのかをチェックできる。これにより、そのソフトウェアをインストールすることによる「Attack Surface」(攻撃可能な面や点)の変化を検証できるという。

 このツールはMicrosoft社内の開発チームが使っていたのと同じもので、独立系ソフトウェアメーカーやテスター、IT専門家向けに、β版の無償ダウンロード提供を開始した。BlackhatのMicrosoftブースでは、担当者が同ツール紹介のデモを実施している。

関連キーワード

Microsoft | セキュリティ | 新ツール


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -