ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新ツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新ツール」に関する情報が集まったページです。

本当に「ネイティブ超え」をしたのか? 新ツール「ICAT」で検証するNVIDIAの最新超解像技術の実力
NVIDIAがゲームにおけるグラフィックスの画質を比較するためのツール「Image Comparison & Analysis Tool(ICAT)」を開発した。これを使って、GeForceの最新ソフトウェアで実装された「 Image Scaling and Sharpening」「DLSS 2.3」の実力をチェックしていこう。(2021/12/30)

TechTarget発 世界のITニュース
「Alexa」が進化 「運動したい」でスキル起動、スマートホーム規格Matter導入も
Amazon.comは開発者向けイベント「Alexa Live 2021」で、「Alexa」の新機能を発表した。一般的なフレーズでの「Alexaスキル」検索を可能にする開発ツールなど同社が披露した新ツール、新機能を紹介する。(2021/9/26)

営業のデジタル販促 反応をヒートマップですぐに可視化 富士通の新ツール
富士通は、メールやSMS、メッセージングアプリなどのデジタルチャネルを通じて送付した販促物に対する顧客のコンテンツ閲覧状況を可視化、分析する新サービス「Finplex eXgrow」を提供開始した。顧客の興味を可視化し、デジタルな非対面営業を支援する。(2021/1/19)

名刺をスマホで撮って申し込み Sansan、セミナー運営を効率化する新ツール
Sansanがビジネスセミナーの運営支援に参入。第1弾として、セミナー運営を効率化するツール「Sansan Seminar Manager」をリリース。企業は登録フォームなどを手早く作成でき、参加者はスマホで撮影した名刺のデータを申し込みに使える。(2020/10/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
アキバで高まる次世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズへの期待感
NVIDIAの次世代GPU「GeForce RTX 30シリーズ」の登場を期待する空気が、先週以上に濃厚になってきたのをアキバで肌で感じるようになってきた。一方で、パーツ鑑賞のための新ツールも話題を集めている。(2020/9/7)

パンデミックで変わる医療ITツールの役割【後編】
病院が新型コロナ対策作業の“脱Excel”に役立てた医療ITツールとは?
医療ITベンダー各社は、新型コロナウイルス感染症と戦う医療機関を支援するために新ツールの発売を早めたり、既存ツールに新機能を追加したりしている。既にこうした新ツールや新機能を生かしている医療機関もある。(2020/8/25)

オンラインで最大50人と「気軽に雑談」 NTT Comが新ツールを無償提供
NTTコミュニケーションズは2020年8月31日から、オンラインワークスペース「NeWork」の提供を開始する。立ち話感覚でチームやプロジェクトなど最大50人のメンバーとコミュニケーションが図れる。(2020/8/12)

Google、ネット上で“未回答”の検索ワードを表示する新ツール まずは医療向けに提供 新型コロナで
(2020/7/7)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第21回):
「圧倒的に速い」──ラズパイにOSをインストールする新ツール「Raspberry Pi Imager」
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回は、公式から登場したOSインストールの新ツールを解説します。(2020/6/5)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
Apple-Google方式か国に集約か 新型コロナ感染をスマホで追跡
新型コロナウイルス対策の強力な新ツールとして、期待されているスマートフォンによる接触追跡の方式をめぐり、欧州で激しい議論が起きた。大きな対立軸は、「AppleとGoogleが共同開発する方式を使い、情報の集中管理を排除するか、独自方式で情報を集約するか」だ。(2020/5/20)

一貫したストーリーを作りやすい:
入力テキストを基に「動画モンタージュ」を作成するツール、国際大学チームが開発
清華大学と北京航空航天大学、ハーバード大学、IDCヘルズリヤ大学のコンピュータ科学者のチームが、特定のテーマに関するテキストを入力するだけで一つながりの動画モンタージュを作成する新ツール「Write-A-Video」を開発した。(2019/11/20)

米Niantic、新ツール「Niantic Wayfarer」のテストを「Ingress」で開始 年内に「ポケモンGO」にも
米Nianticは、「Ingress」のポータルや「Pokemon GO」(ポケモンGO)のポケストップとして申請された場所をレビューするツール「Niantic Wayfarer」を発表した。年内にはポケモンGOにも展開するとしている。(2019/10/11)

Apple、「Safari」にプライバシー重視の広告トラッキングツール搭載へ
個人のプライバシーを重視するAppleが、個人データを集めずに広告トラッキングを解析できる新ツール「Privacy Preserving Ad Click Attribution」をプレビュー版の「Safari」(バージョン82以降)で提供を開始した。Web標準化を目指している。(2019/5/23)

Google Cloud Next ’18:
Google、GmailのSmart Compose機能など、G Suiteの強化を発表
Googleは2018年7月24日(米国時間)、年次イベント「Google Cloud Next ’18」で、G Suiteの機能強化を発表した。Gmailでは、自動応答に加えて自動文章作成機能を提供する。G SuiteのセキュリティポータルであるSecurity Centerにも、新ツールが加わった。(2018/7/25)

自分のアドレスは大丈夫? Firefox、流出被害をチェックできる新ツール提供
自分のメールアドレスやパスワードが流出していないかどうかチェックできるWebサイト「Have I been pwned?」とMozillaが提携し、新ツール「Firefox Monitor」のトライアルを開始する。(2018/6/27)

Tableau Prep発表
「Tableau」のデータ準備作業を容易に、新ツール登場
これまでデータ準備作業を他ベンダー製のソフトウェアに依存せざるを得なかったTableauユーザーに、新しいオプションが登場した。それが「Tableau Prep」だ。(2018/5/11)

FOWLP向け研削ツールなど:
WLCSP採用デバイスの薄化に対応する新ツール
ディスコは2017年11月27日、半導体デバイスの薄化に対応する精密加工ツール2種を開発し、2018年から順次発売すると発表した。(2017/12/1)

イベントから学ぶ最新技術情報:
機械学習の作業がはかどる新ツール「Workbench」とは? TensorFlowやAWSも使える。Microsoft Tech Summit 2017
マイクロソフトが提供する機械学習向け新サービス&ツール。Azure、AWS、GCP、オンプレスミスなどに対応。TensorFlow、Chainerなどのディープラーニングフレームワークに、PyCharmやVisual Studio Codeなどのコードエディターも使える。(2017/11/16)

シノプシス DesignWare ARC IoT Development Kit:
ARCベースSoCの開発とデバッグを短期化する新ツール
シノプシスは、ARCプロセッサベースのSoCデザイン向けソフトウェアの開発とデバッグツールを短期化する「DesignWare ARC IoT Development Kit」の提供を開始する。ARCベースの組み込みシステム向けのソフトウェア開発を効率できる。(2017/10/23)

「Application Insights」のテレメトリーを活用:
マイクロソフト、行動に結び付く洞察が得られる「Azure Search」アクセス分析の新ツールを提供
マイクロソフトは、「Azure Search」で提供する「検索トラフィックの分析」機能の新バージョンを発表した。(2017/4/17)

撮影なしで映像コンテンツが作れる「PIP-Maker」 Excelやデータベースに対応した新ツールが登場
録画や録音、スタッフの手配などをせずに簡単に映像コンテンツが制作できるソリューション「PIP-Maker」に、Excelやデータベースからのデータを読み込み映像化できる新ツールが登場した。(2017/3/31)

視覚障害児もプログラマーに Microsoftが新ツール
欧米では、子どもに楽しくプログラミングを教えるビジュアルプログラミングが花盛りだが、見落とされていた世界もあった。(2017/3/27)

Google、不適切なコンテンツへの広告表示対策について説明
YouTubeからの英国政府やトヨタなど、大手広告主の引き上げを招いた不適切コンテンツへの広告表示について、Googleがポリシー厳格化や広告主向けの新ツールなどの対策を説明した。(2017/3/22)

ニューバランスが先行導入:
クリエイティブに対する感情分析でターゲティング、動画広告のアンルーリーが新ツールをリリース
アンルーリーは、動画コンテンツに対して好反応なオーディエンスに広告配信するターゲティングツール「EQターゲティング」をリリースした。(2016/12/7)

LINE、法人向けコミュニケーション市場に参入 来春サービス開始
LINEが法人向けコミュニケーション市場に参入へ。兄弟会社のワークスモバイルと提携し、新ツールを来春から国内で展開する。(2016/10/19)

ビッグデータ処理機能を強化した「MATLAB/Simulink 2016b」
モデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新版「Release 2016b」が提供開始された。メモリに収まりきらないような大規模データの処理について操作性が向上した他、新ツールやSimulinkの機能追加などが行われている。(2016/9/21)

「App-V」「UE-V」が「Windows 10 Enterprise」に搭載へ
「Windows 10」次期更新で「Pro」ユーザーが迫られる“究極の選択”
Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」には、企業向けの新ツールや新機能が備わる。だが「Windows 10 Pro」のユーザー企業は落胆するかもしれない。(2016/7/20)

Censys検索で日本から多数の機器がネット接続、情報漏えいや攻撃悪用に注意
新ツール「Censys」の調査で300万台以上のネット接続機器が判明し、IPAがセキュリティ対策の技術資料を改訂した。(2016/5/31)

「3つのテーマ」で強化された「MATLAB/Simulink 2016a」
MathWorks Japanがモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新版「Release 2016a」を発表した。新ツールの搭載などで「シンプル」「完全」「高速」を推進している。(2016/3/22)

iOS、Androidアプリも開発できる「Microsoft PowerApps」
Officeスキルでモバイルアプリ開発が可能、Microsoft新ツールは本当に簡単?
Microsoftは、IT部門がモバイルアプリを独自に作成できる新ツール「Microsoft PowerApps」をリリースした。このツールを使用するために、コーディング技術は一切不要だ。(2015/12/21)

設計開発ツール:
自動車の電子/電気システム開発をフロントローディング化、メンターが新ツール
Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)は、自動車や航空機のE/E(電子/電気)システムとソフトウェアを統合的に設計開発できるシステムエンジニアリングツール「Capital Systems」を発表した。(2015/12/17)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:WEBENCHオンライン設計支援ツールに電源設計の熟練エンジニアをサポートする新ツールが登場
(2015/9/30)

「Slack」に投票や参加表明に使える絵文字利用の新ツール「Emoji Reactions」
チーム向けコラボレーションツール「Slack」に、メッセージへのリアクションを絵文字ボタンで表示する「Emoji Reactions」機能が追加された。複数ボタンでの投票や飲み会の参加表明などにも使える。(2015/7/10)

PR:ロボットにもモデルベースデザインのチカラを、新ツールで劇的に進化したMATLAB/Simulinkによるロボット開発
昨今注目されるロボット。モデルベースデザイン環境「MATLAB/Simulink」を提供するMathWorksが発表した、ロボット開発にモデルベースデザインの手法を導入するためのツール「Robotics System Toolbox」について解説する。(2015/3/25)

実装ニュース:
ダイ−パッケージ−プリント基板の協調設計を実現、メンターが新ツール
Mentor Graphics(メンター)は、ICに内蔵するダイの設計データを基に、最適なパッケージ基板やプリント基板の設計を可能にする電気CADプラットフォーム「Xpedition Package Integrator」を発表した。(2015/3/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10にCortana追加、Skype同時通訳、Office新ツール――2015年に注目のMicrosoft新技術
流出したWindows 10 Techinical Previewの「Build 9901」には、パーソナルアシスタント機能の追加、設定メニューやアプリの変更などが見られる。Skypeの同時通訳プレビューや、Officeの新ツールも含め、2015年に注目のMicrosoft新技術を見ていこう。(2014/12/17)

ユーザー属性、細かく把握:
App Annie、アプリ事業者向け分析ツール「Audience Intelligence」をリリース
アプリ市場データと分析ツールを提供するApp Annieは12月9日、法人向け有料製品「Audience Intelligence」をリリースした。Audience Intelligenceは、同社が以前から提供している「Intelligence」ラインナップの新ツール。今回のリリースで、アプリのダウンロード数や収益の推計データに加え、ユーザー属性や関連アプリ、センチメントに関する情報も取得できるようになる。(2014/12/9)

Microsoft、コンテンツ制作ツール「Office Sway」発表
Microsoftが、Officeスイートの新ツール「Sway」を発表した。“Webファースト”なコンテンツ「Sway」を簡単に制作できるマルチプラットフォームのツールとしており、まずは招待制のプレビュープログラムがスタートした。(2014/10/2)

アジャイル+ウォーターフォールでコードを自動生成、NECが新ツール
NECは、ハイブリッド開発プロセスを採用してプログラムコードやシステム設計書の自動生成機能を持つ業務システム構築基盤新製品を発売する。(2014/9/25)

富士通、設計書からCOBOLのソースを自動生成する開発支援ツール発売
新ツールはCOBOLに対応し、設計変更でもプログラムソースを自動的に変更する。同社では約40%のコスト削減効果がみられたという。Javaにも対応する予定。(2014/8/28)

自治体ごとの特徴を可視化する新ツール、富士通研が開発
自治体ごとの特徴を可視化する新たな評価ツールを富士通研究所と富士通総研が開発した。(2014/3/3)

電書ちゃんねる、ブラウザベースの編集ツール「でんでんエディター」をリリース
でんでんコンバーターから1年、あの2人が新ツールをリリース。これでMarkdown記法も怖くない。(2014/2/14)

31%が依然としてWindows XP
Windows XP移行の新ツールが登場、もはや移行しない理由はない
2014年4月にサポート期限が切れるWindows XPを依然として使っている31%のユーザー企業は、いよいよ決断の時期かもしれない。XP移行を簡単にするツールも複数登場し、もはや移行しない理由はなくなりつつある。(2013/11/25)

SCF2013:
製造現場のデータをタブレット端末に直接表示、デジタルの新ツール
デジタルは、製造現場における「情報の見える化」をさらに進化させるための新ツール「Smart Portal」のデモ展示をSCF2013で行った。Smart Portal は、2014年第1四半期(1〜3月)にも製品化の予定である。画面作成用のソフトウェアエディタも同時に供給を始める。(2013/11/11)

オフライン開発可能に:
Amazon Web Services、DynamoDB向け新ツールや新機能発表
米Amazon Web Servicesは、DynamoDBに関連するサービスとして、オフライン環境で利用できるローカルテストツールと、DynamoDBのデータをリージョン間で定期的にコピーする新機能を提供すると発表した。(2013/9/13)

XSSの脆弱性突く攻撃の実態、Microsoft研究者らが発表
Microsoft研究者らがBlack Hatで、数百サイトに広がっているクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃の実態と、攻撃を防ぐための新ツールについて発表する。(2013/7/25)

ISO26262:
車載ソフト開発プロセスの上流から下流まで網羅、dSPACEがデータ管理ツールを投入
dSPACEが発表した新ツール「SYNECT」は、車載ソフトウェアの開発に関わるさまざまなデータを管理できる。2012年9月末までにテスト関連のデータを管理する機能が利用可能になる。その後も順次機能を拡張する予定だ。(2012/6/12)

Androidタブレット上にWindows 8環境を――Splashtopが開発者向け新ツール
Androidタブレット上でWindows 8環境を再現し、Windows 8向けに開発したアプリをテストできるようにするツールをSplashtopが提供。(2012/6/7)

変化するBIツールに必要な条件【後編】
米小売業のBI刷新、新ツールに求めた“データ発見+α”
BIツールの刷新を決めた米小売業のThe Paradies Shops。「これまで何時間もかかっていた処理が数秒に短縮される」と同社CIOが断言するBIツールの選定理由とは。(2012/4/17)

疑似攻撃で脆弱性を診断、トレンドマイクロが新ツールを発売
トレンドマイクロは、対象システムをネットワークの内部と外部からスキャンして脆弱性を診断し、レポートを発行する「Trend Micro Vulnerability Management Services」を発売する。(2011/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。