ITmedia DX
ニュース
» 2021年01月19日 11時00分 公開

営業のデジタル販促 反応をヒートマップですぐに可視化 富士通の新ツール

富士通は、メールやSMS、メッセージングアプリなどのデジタルチャネルを通じて送付した販促物に対する顧客のコンテンツ閲覧状況を可視化、分析する新サービス「Finplex eXgrow」を提供開始した。顧客の興味を可視化し、デジタルな非対面営業を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通は2021年1月18日、デジタルチャネルを活用した顧客行動のトラッキングと興味分野や度合いを可視化、分析できる新サービス「FUJITSU Finplex 顧客エンゲージメント強化サービス eXgrow(フィンプレックスエックスグロウ)」(以下、Finplex eXgrow)の提供を開始した。デジタルな非対面営業を介したコンタクトチャネルの獲得と顧客エンゲージメント強化を支援するサービスとして、主に金融機関向けに提供する。

Finplex eXgrowで実現するデジタル営業の顧客接点強化策とは

 Finplex eXgrowは、顧客に提供したコンテンツの閲覧状況をトラッキングし、分析できるサービス。非対面でも顧客一人一人の興味を的確に把握し、最適な提案活動に結び付けることができる。

 具体的には、金融機関の営業職員が顧客にメールやショートメッセージサービス(SMS)、メッセージングアプリで送付した新商品やサービスのカタログなどのコンテンツについて、閲覧の有無や、いつ、何分間に閲覧したかといった情報を可視化する。

Photo 「Finplex eXgrow」のサービス概要(出典:富士通)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ