ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2011年01月20日 12時56分 UPDATE

Samsung、電子ペーパー技術のLiquavista買収

Liquavistaはエレクトロウェッティング(液滴駆動)方式の電子ペーパー技術を手がけている。

[ITmedia]

 Samsung Electronicsは1月19日、電子ペーパー技術を手がけるオランダの企業Liquavistaを買収したことを明らかにした。買収は2010年12月に完了しており、金額は不明。

 Liquavistaは2006年に、Philipsの研究部門からスピンアウトして設立された企業。電子書籍リーダー、携帯電話などに向けて、エレクトロウェッティング(液滴駆動)と呼ばれるディスプレイ技術を開発している。この技術は透過、反射、半透過モードで動作し、消費電力は既存技術の10%。この技術を使った電子ペーパーは反応時間が既存の反射型ディスプレイの70倍高速になるため、これまで不可能と考えられていたカラー動画の表示も可能になるとしている。

 SamsungはLiquavista買収は、次世代ディスプレイ技術でのリードを広げることが目的としている。エレクトロウェッティングは既存の液晶ディスプレイ生産ラインに変更を加えれば製造できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.