ニュース
» 2011年02月02日 13時49分 UPDATE

アップルの次世代タブレット、「iPad 2」の中身は?

「iPad 2」は1.2GHz動作のデュアルコアプロセッサ「Cortex-A9」を搭載すると報じられている。

[EE Times Japan]

 アップルは、タブレット型コンピュータ「iPad」の次世代機をどのような仕様で投入するのだろうか。

 アップル関連の情報サイトである「AppleInsider」によると、「iPad 2」はアームの1.2GHz動作のデュアルコアプロセッサ「Cortex-A9」と、イマジネーションテクノロジーズのデュアルコアグラフィックス処理回路「SGX543」を採用するようだ。AppleInsiderは、この情報の発信源をConcord Securitiesだとしている。現行iPadの仕様については、アップルのウェブサイトのこちらのページを参照いただきたい。

 アップルは、現行のiPadと同様に、iPad 2でもプロセッサチップを自社で設計する。これまで通りサムスン電子が、半導体ファウンドリとしてそのチップの製造を手掛けていく。韓国Korea Times紙の記事によると、サムスン電子がアップルに提供する高性能モバイル向けプロセッサチップの出荷台数は、今後4倍に増加する見込みだという。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。
執筆 Mark LaPedus:EE Times (翻訳 田中留美、編集 EE Times Japan)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -