ニュース
» 2011年02月22日 07時00分 UPDATE

無線LANの普及が加速、チップセット出荷数は2011年に前年比2倍へ

無線LAN機能はテレビからカメラ、車載エンターテインメントシステムに至るまで、さまざまな電子機器に標準的な機能として搭載されるようになっている。

[EE Times Japan]

 市場調査会社である米国のIHS iSuppliによると、2011年の無線LANチップセットの出荷数は、前年比で2倍になる見込みだという。その理由として同社は、無線LAN機能がテレビからカメラ、車載エンターテインメントシステムに至るまで、さまざまな電子機器に標準的な機能として搭載されるようになったことを挙げている。

 IHS iSuppliの最新リポートによると、無線LANチップセット(ほとんどはWi-Fi Alliance規格準拠品)の出荷数は、2011年に前年比101.5%増となる7億3890万ユニットに達する見込みだという。チップセットの出荷数はその後も増加を続け、2012年には10億ユニットを超え、2014年には20億ユニット以上に達すると同社は予測している。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。

執筆 Dylan McGrath:EE Times (翻訳 青山麻由子、編集 EE Times Japan)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -