ニュース
» 2011年03月12日 20時55分 UPDATE

コスモ石油、「爆発で有害物質が降る」のチェーンメール否定

コスモ石油の精油所火災を受けて、「雨などと一緒に有害物質が降る」というチェーンメールが広がっている。同社は「人体に及ぼす影響は少ない」と否定。

[ITmedia]

 東北の地震による千葉のコスモ石油精油所の火災について、「有害物質が降るので注意」とするチェーンメールが広まっており、コスモ石油はWebサイトでこれを否定した。

 チェーンメールは「コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降る」といった内容だが、同社は「タンクに貯蔵されていたのはLPガスであり、燃焼により発生した大気が人体へ及ぼす影響は非常に少ない」と説明している。

 千葉県も、「爆発火災のあった施設での物質の性質、市原市地域の大気環境の測定状況から、メール等で流されている事実はない」としている。

 チェーンメールの一部は「厚生労働省より」と称しているが、同省は「厚生労働省からのメールではない」と否定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -