ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年03月31日 12時23分 UPDATE

Google、Gmailの広告改善へ 重要なメール区別する技術を応用

Googleは、重要なメールを判別する技術を活用することで、Gmailにより関連度の高い広告を表示できるようになるとしている。

[ITmedia]

 米Googleが、まもなくGmailの広告システムを改善するとユーザーに告知している。

 同社は、「優先トレイ」などで使っているメールの重要度を判断する技術を広告配信に応用することで、関連度の低い広告が少なくなるとしている。「例えば、ユーザーが最近カメラに関するメールを多く読んだ場合、近くのカメラショップの広告に興味を持つかもしれない。逆に、ユーザーがこれらのメールをスパムと報告した場合、カメラショップの広告には興味がないだろう」と同社は説明している。

 この変更は、Googleの設定ページの「Importance signals for ads」でオンにできる。初めは一部のユーザーに提供し、提供範囲を拡大していくという。

関連キーワード

Gmail | Google | スパム | フィルタリング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.