ニュース
» 2011年04月01日 17時00分 UPDATE

KORG、新型ハードウェア・アナログシンセのティーザーをiPadアプリに仕込む

KORGのiPadアプリ「iMS-20」「iELECTRIBE」に、ハードウェア・アナログシンセサイザーの新製品らしきもののティーザーが掲載されている。

[ITmedia]

 KORGのiPadアプリ「iMS-20」「iELECTRIBE」に、ハードウェア・アナログシンセサイザーの新製品らしきもののティーザーが掲載されている。

photo

 アナログシンセサイザー「iMS-20」と、ビートボックス「iELECTRIBE」を起動したときに表示されており、そこには「Ready to tweak some real analog hardware? check out korg.com & korg.co.jp on April 6th!」と書かれている。「ホンモノのアナログハードウェアをいじる準備はできてる?」とのKORGからの問いかけ。

 背景写真には、CUTOFF、PEAKと書かれたノブと、ピアノ式のスイッチがいくつも見える(PEAKはレゾナンスのことで、KORGの伝統的な表記だ)。ピアノ形のスイッチは、MS-10/20登場以前のKORG製シンセサイザーで使われていたもの。

 波形の切り替えスイッチやレンジのWIDE/NARROW切り替えらしきものも見える。さらに、赤いLEDが6個以上あり、シーケンス機能も期待できそうだ。

 手乗りシンセのmonotronでハードウェア・アナログシンセの火を再び点したKORGの新製品、どういうものが登場するのか。それは、フランクフルト・メッセの初日である4月6日まで待つしかない。

関連キーワード

KORG | シンセサイザー | iPad | ELECTRIBE


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -