ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2011年04月04日 13時45分 UPDATE

2015年のクラウドサービス市場は1947億円、成長率のピークは2011年

IDC Japanによれば、2015年までの国内クラウドサービス市場の年平均成長率は33.8%になる見通しだ。

[國谷武史,ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは4月4日、国内クラウドサービス市場動向の調査結果を発表した。2010年の市場規模は454億円で、2015年には2010年比4.3倍の1947億円になると予測している。なお、東日本大震災による影響は考慮されていない。

 市場成長率は、2010年が前年比45.3%増となり、2011年は50%近い成長率が見込まれる。その後は低下する見通しだが、同社では高い成長を継続すると予想。2010年〜2015年の年間平均成長率は33.8%で推移。クラウドサービスの中では、プラットフォームサービスの「PaaS」が2010年比6.7倍の699億円に達するとしている。

 同社では、2010年に多数の事業者から本格的にクラウドサービスが提供され、特にコラボレーティブアプリケーション(電子メール、グループウェア、情報共有)や、ソーシャルアプリケーションの稼働基盤として採用される事例が数多く見受けられたと報告。

 企業ユーザーの間では、規模や業種、システム領域ごとにクラウドを選択する「クラウドの適材適所」の考え方が浸透しており、画一的なクラウドの定義(ビジネスモデルや技術)に固執するのではなく、クラウドが持つ優位性や課題を明らかにすることがクラウドの本格的な発展につながると指摘している。

cloudservice.jpg 国内クラウドサービス市場 セグメント別売上額予測、2010年〜2015年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IDC | クラウドサービス | 成長率 | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.