ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2011年04月18日 18時24分 UPDATE

ソニー、リチウムイオン蓄電モジュールを量産化 容量1.2キロワット時

ソニーは容量1.2キロワット時の蓄電モジュール「LIM1001」を量産出荷する。1日1回の充放電で10年以上の長寿命、1時間で90%以上の充電が可能な急速充電性能を持つという。

[ITmedia]

 ソニーは4月18日、容量1.2キロワット時の蓄電モジュール「LIM1001」を今月下旬から量産出荷すると発表した。データサーバや携帯電話基地局のバックアップ電源、住宅用蓄電システムなどの用途を見込み、初年度3万台の販売を目指す。

photo

 「オリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用。室温で1日1回の充放電を行った場合で10年以上の使用が期待でき、また1時間で90%以上の充電が可能な急速充電性能を持つという。

 公称電圧51.2ボルト、最大出力2.5キロワット。複数を接続することで電圧・容量のカスタマイズが可能。標準ラックに搭載可能な2Uサイズになっている。

 価格はオープン。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.