ニュース
» 2011年04月21日 19時36分 UPDATE

10nm台に突入 東芝、世界初の19nmプロセスNANDフラッシュを開発

東芝は、世界初の19ナノメートル(nm)プロセスによる64GビットNANDフラッシュメモリを開発し、今年7〜9月期から量産出荷を開始すると発表した。

[ITmedia]

 東芝は4月21日、世界初の19ナノメートル(nm)プロセスによる64GビットNANDフラッシュメモリを開発し、今年7〜9月期から量産出荷を開始すると発表した。

 最先端プロセスによりチップサイズを縮小。スマートフォンなどで使われる小型パッケージに16段まで積層でき、ストレージ部の大容量化が可能になるとしている。

関連キーワード

東芝 | NAND | フラッシュメモリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -