ニュース
» 2011年04月22日 11時49分 UPDATE

Google、Groupon対抗クーポンサービス「Google Offers」を米国でスタート

「Google Offers」で地域を選んで登録すると、お得な割引情報がGmailに送られてくる。割引率は50%以上になるようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月21日(現地時間)、米Groupon対抗のクーポン共同購入サービス「Google Offers」のβ版を米国の一部の地域で開始すると発表した。まずはオレゴン州ポートランドで提供を開始し、近いうちにニューヨーク、サンフランシスコのベイエリアで展開する計画という。

 offers

 クーポン共同購入サービスとは、地域のショップやレストランの商品やサービスに一定数以上の購入者が集まると、購入者数に応じて価格を割引して提供するというもので、50%以上の割引になることもある。Grouponが先行しており、日本でも類似サービスが乱立している。

 Google Offersでは、ユーザーがGoogleアカウントでログインして地域に登録すると、Gmailでクーポン情報が送られてくる。スタートページの説明によると、割引率は50%もしくはそれ以上になる。

 Googleは昨年12月、Grouponに約60億ドルでの買収を持ち掛けたが拒否されたと報じられている

 同社は地域情報関連サービスに力を入れており、昨年10月にはローカルビジネス向けのターゲティング広告キャンペーンツール「Google Boost」を立ち上げたほか、最近ではローカルビジネス向けリスティングサービス「Google Places」にショップ評価機能の「Hotpot」を統合している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -