ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hotpot」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hotpot」に関する情報が集まったページです。

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
超極薄ボディで12時間動作! しかも“フルスペック”──WiMAXルータ「URoad-Aero」は“買い”か?
これは“買い”か──。薄型、軽量、長時間動作、クレードル対応、公衆無線LAN対応、電池交換可能……ポータブルルータの“ほしい仕様”をほぼすべて満たすWiMAXルータの新モデルがシンセイコーポレーションから登場。「URoad-Aero」の実力をチェックする。(2013/2/22)

バッテリー着脱+公衆無線LAN対応も:
“超極薄”ボディで12時間動作、WiMAXルータ新モデル「URoad-Aero」登場
シンセイ製WiMAXルータ“URoad”シリーズの新モデルが登場。モバイルルータ世界最薄とする8.4ミリ/74グラムの超極薄+軽量ボディに、連続12時間の長時間バッテリー動作時間を実現する。(2013/2/6)

Google、AdWordsのローカルビジネス向け簡易版「AdWords Express」を発表
これまで「Google Boost」と呼んでいたローカルビジネス向け広告サービスを「AdWords Express」と改称し、加入時にGoogle Placesのアカウントを同時に作成できるようにした。(2011/7/26)

Google、日本でNFCによる“タッチでショップ評価”テストを開始
“世界で最もNFCが普及している”日本で、読み取り機に携帯をかざしてショップの評価をするGoogleプレイスの新機能のフィールドテストがスタートした。六本木の数店舗がテストに参加している。(2011/6/24)

Google、Groupon対抗クーポンサービス「Google Offers」を米国でスタート
「Google Offers」で地域を選んで登録すると、お得な割引情報がGmailに送られてくる。割引率は50%以上になるようだ。(2011/4/22)

Google、プレイスの「Tags」を終了 リスティングサービスを整備
Googleが、地域事業主向けサービス「Google Places」の機能強化・整備の一環としてTagsを終了。ユーザーにはBoostなどへの移行を勧めている。(2011/4/18)

Google、ショップの評価機能「Hotpot(おみせメモ)」をGoogleプレイスに統合
これまで独立したサービスだった口コミ投稿の「おみせメモ」をリスティングサービスの「Googleプレイス」に統合する。(2011/4/11)

Google、foursquare対抗のLatitude「チェックインオファー」機能を立ち上げ
Googleが、ネット関連の年次イベントSXSWで、foursquareが提供する位置情報連動割引サービスに対抗するLatitudeの新機能を展開している。(2011/3/14)

Google、地域情報戦略の本格化に向けた動き
Googleは、Hotpotの利用地域拡大やLatitudeへのチェックイン機能追加などにより、foursquareやGowallaに後れを取っている地域情報関連ビジネスを急ピッチで強化している。(2011/2/9)

Googleの2011年の目標は“モバイルクラウド”
Googleの「モバイル第一主義」を強調するシュミットCEOが、次世代サービス実現のための3つの取り組みについて説明した。(2011/1/27)

Google、Hotpot機能付きGoogle PlacesのiPhoneアプリをリリース
Googleが位置情報アプリ「Google Places」のiPhone版をリリースした。簡易レビュー機能「Hotpot」でショップのレーティングを入力することで、お勧め情報をパーソナライズできる。(2011/1/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。