ニュース
» 2011年05月26日 11時49分 UPDATE

MicrosoftのWeb版モバイルアプリストア、Mangoでアプリ購入とリモートインストールが可能に

今秋リリース予定の次期Windows Phone向けアプリストアのデスクトップ版では、Androidと同様にアプリの購入とリモートインストールができるほか、FacebookやTwitterと連係する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月25日(現地時間)、次期Windows Phone OSの「Mango(コードネーム)」のリリースに合わせてアプリストア「Windows Phone Marketplace」をアップデートする計画を発表した。

 米Googleの「Android Market」のWeb版と同様に、Web版のアプリストアで購入したアプリをリモートで端末にインストールできるようになり、アプリのインストール履歴の管理も可能になる。ユーザーは例えば新しい端末を購入した際、このインストール履歴からまとめてアプリをインストールできる。

 marketplace

 Marketplaceで購入した有料アプリの料金支払いは従来、Windows Live IDで登録しているクレジットカードで行うことになっているが、Web版ストアで利用するクレジットカードを追加できるようになる。

 その他、アプリのレーティングに基づくペアレンタルコントロール機能が搭載され、ソーシャルな機能として、ユーザーや開発者がWebストア上の気に入ったアプリをFacebookとTwitterで紹介できるようになるという。

 Mangoは今秋にリリースの予定で、日本でも搭載端末が発売される見込みだ(日本での発売時期はスティーブ・バルマーCEOによると“年内”となっている)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -