ニュース
» 2011年05月30日 19時52分 UPDATE

AR活用のソーシャルゲーム「iButterfly Plus」、電通などが世界展開

エアタグとしてカメラ越しに見えるARのチョウをコレクションしていくソーシャルゲーム「iButterfly Plus」を電通などが配信。

[ITmedia]
photo チョウをコレクション

 バタフライと電通、ディーツーコミュニケーションズ(D2C)は5月30日、スマートフォン向けソーシャルゲーム「iButterfly Plus」の配信を始めた。iPhone/Androidアプリとして世界86カ国・地域向けに配信し、アイテム課金で収益を得るほか、企業のプロモーションにも活用していく。

 電通が昨年1月に配信したiPhoneアプリをベースに、ソーシャルゲーム化した。AR(拡張現実)とモーションセンサー、位置情報、ソーシャルゲームの4要素を組み合わせ、カメラ越しにエアタグとしてARで現れるチョウを、スマートフォンをかざすことでコレクションしていく。Facebook、Twitterでチョウの情報を投稿する機能も備える。アプリは無料で、追加アイテムなどを有料提供する。

 今後、企業キャンペーンのプラットフォームなどとしても展開していく。バタフライがゲームの設計・開発から運営を、電通がライセンサーとしてプロモーションや国際展開のアドバイスを、D2Cが企業キャンペーンプラットフォームと広告枠の開発、国内外での販売を担当する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -