ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「D2C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2012年6月1日に「ディーツー コミュニケーションズ」から社名変更
「D2C」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

SDGsへの興味関心の高まりを感じさせるワードも:
今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など 日経BP調べ
日経BPは「トレンドマップ 2022上半期」を発表した。2022年はどんなキーワードが注目されるのだろうか。今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など。(2022/5/6)

副業マッチングサービス「lotsful」事業責任者に聞く:
「副業マーケター」に今、何が期待されているのか?
社会環境の変化を背景に副業への関心が高まっている。マーケティング職も例外ではない。どういうニーズがあるのか、副業市場で求められるマーケターになるにはどうすればいいのか。(2022/4/28)

CIOはDXをけん引するパイロット【前編】
DXにかかわるCIOの3タイプ「機長」「副操縦士」「エンジニア」とは?
米国のある調査によれば、CIO(最高情報責任者)がDXを推進する際の役割は「機長」「副操縦士」「エンジニア」のいずれかに分類できるという。それはどういうものなのか。(2022/3/30)

日本でも展開:
「世界一快適なシューズ」と評価された「Allbirds」 徹底した“環境配慮”の理念に迫る
Allbirdsは、2016年に米・サンフランシスコで創業した靴のD2Cブランド。20年に東京・原宿への初出店を果たし、同店の売り上げが世界一を達成した。環境配慮に徹底した企業理念が支持されている。(2022/3/29)

サプライチェーン×DX:
NTTデータが提言 サプライチェーン強靭化には「デジタルツイン」が重要
コロナ禍、甚大化する自然災害、米中貿易摩擦、サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃――。これまでの環境に最適化されたシステムの見直しを余儀なくされるような変化が起こる中、サプライチェーン強靭化のために何が必要か。IT技術はそのためにどのような貢献ができるのか。(2022/3/25)

アヲハタのジャムは自動でフタが締まる? 検証動画に「なにこれすごい」「どんなしくみ?」と騒然
編集部でも試してみました。(2022/3/12)

あの会社の「SDGs」:
“豆まるごと”でバカ売れ 新たな主食を目指したミツカングループの“ZENB ヌードル”とは?
ミツカングループのZENB JAPANが展開する「ZENB ヌードル」だ人気を博している。2020年9月に販売を開始し、22年3月までに累計300万食を突破した。その特徴とは?(2022/3/10)

エンタメ・ウェルネス事業の強化:
日本ハム、22年度はD2C領域を強化 コーポレートアンバサダーに新庄剛志氏を起用
日本ハムが22年度の新規事業戦略発表会を実施した。22年度はタンパク質の選択肢拡大とアレルギーへの対応を強化する。D2C領域の強化に加え、アンバサダーに新庄新監督を迎え、売上向上を狙う。(2022/3/7)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
小売りを救う“緊急事態対応”! 進化する需要予測の「4つのカギ」
コロナ禍では、急な感染拡大や緊急事態宣言などの発令により、消費者の行動が大きく変わる。そんな中、小売り企業はどのように備えるべきなのか──“緊急事態”の需要予測を成功に導く「4つのカギ」を紹介する。(2022/1/21)

Marketing Dive:
いっそ「Amazonシフト」もあり? 広告主を直撃する“サプライチェーン危機”をうまく切り抜ける方法
需要の急増や労働力の減少、ロジスティクスの諸問題の中で、広告主は幾つかの打ち手を模索する必要がある。(2022/1/7)

ディズニーの戦略に迫る【後編】:
ディズニー・マジックを生み出す方法 ウォルト・ディズニー・ジャパンのチョイ社長に聞くリーダーシップ論
ディズニープラスの新たな戦略とは何か。ITmedia ビジネスオンラインはウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長に単独インタビューを実施。その狙いを聞いた。(2021/12/25)

在宅エクササイズ需要拡大に適応
ナイキやアディダスも超えた あのスポーツ系通販がコロナ禍で急成長した理由
2020年、英国でスポーツおよびアウトドア用品のオンライン売上高でトップとなった小売業者はArgosだったことが、ある調査で明らかになった。大手の競合を抑えて同社がトップに立った理由とは。(2021/12/22)

ヘッドレスコマース vs. 従来型コマース【後編】
コロナ禍のEC課題を“爆速”で解決 「ヘッドレス」だから成功した2社の事例
ECの新潮流である「ヘッドレスコマース」が拡大している。新型コロナウイルス感染症の流行という非常時に、その真価を生かした2社の取り組みを紹介する。(2021/12/17)

オンライン診療の利用率、わずか11.2% 42.7%が仕事の合間に利用
ビジネスパーソンを対象に実施した「オンライン診療に関する調査」。その結果、オンライン診療を利用したことがある人は11.2%であり、そのうち42.7%が仕事の合間に利用していることが分かった。(2021/12/2)

ヘッドレスコマース vs. 従来型コマース【前編】
D2Cの時代にECサイト構築が「ヘッドレス」であるべき理由
顧客接点となるフロントシステムと、カートや顧客管理などバックエンドバックエンドのシステムを分離させる「ヘッドレスコマース」と呼ばれる考え方が一般的になりつつある。これを採用するメリットとは。(2021/11/19)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント義足スタートアップが政府支援を受け、海外事業加速に向けて人材獲得推進
3Dプリント義足を海外で製造販売するインスタリムは、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startupプログラム」において、「J-Startup企業」として選定されたことを発表した。(2021/11/2)

年30日のシェア買いも:
8億円のホテルをネットで「今すぐ購入」! 「NOT A HOTEL」の新規性に迫る
「世界中にあなたの家を」をコンセプトに、4月に創業した「NOT A HOTEL」。同社では、数千万円から数億円の施設をD2Cでオンライン販売する大胆なビジネスモデルを採用している。1棟買いのほかに、年間30日だけ使えるシェア買いも用意し、一定層に反響を得ているという。同社の戦略を聞いたところ……。(2021/10/30)

連載・DX時代のプライバシー:
改正個人情報保護法、業界で分かれる対応 DX企業はどう受け止めているのか
2022年4月に全面施行される改正個人情報保護法。DXを推進している企業、パーソナルデータの利活用を進める企業は、今回の改正をどのように受け止め、対応しているのか。(2021/10/22)

MarTechまとめ2021:
【ECプラットフォーム】黒船「Shopify」が人気、国産勢もスモールスタート可能なツールが充実
D2Cブームやコロナ禍で加速する小売業のDXを背景に、ECプラットフォーム市場が引き続き成長中。国内外の主要ツールについてまとめました。(2021/9/30)

小売・流通アナリストの視点:
コロナ禍だけのせいじゃない? 大ピンチの百貨店で「大家」化が進んでいる納得のワケ
コロナ禍によるさまざまな制約を受け逆境に立つ百貨店。だが、過去数年を見ると、実はコロナ禍に関係なくピンチに陥っていたことが分かる。そんな中、各百貨店は「大家」化を進めている。その理由とは。(2021/9/29)

百貨店に“買えない”売り場 商品を手に取って見る→購入はスマホで
「大丸東京店」に、EC専門ブランドが商品を展示するショールームがオープン。商品が気に入れば、店頭のQRコードから通販サイトで購入する。(2021/9/28)

イノベーションのレシピ:
現場も機械も「新しいことをやるには何を捨てるか」、花王の考え方
B&Rはオンラインイベント「B&R JAPAN Digital Innovation Day 2021」を開催。本稿ではその中で「イノベーション」をテーマに行われたB&R(日本法人)代表取締役の小野雅史氏と花王 技術開発センター 先端技術グループ 部長の小林英男氏による対談を紹介する。(2021/9/21)

戦略とデザインで実現するサステナビリティ
ビジネスにおけるサステナビリティを実現するためには、社会課題やサプライチェーン全体を考慮した経営戦略と、エンドユーザーへの理解やお客さま目線でのコミュニケーションデザインの両軸をしっかりと考える必要がある。(2021/9/13)

プロジェクト:
兵庫県尼崎市で延べ1.7万m2の物流施設が竣工、関通が入居し稼働
日本GLPは、兵庫県尼崎市で計画を進めていた物流施設「GLP 尼崎III」が2021年6月2日に竣工したことを公表した。GLP 尼崎IIIは、関通が着工前に賃貸借予約契約を締結しており、専用施設「D2C物流センター」として稼働している。なお、関通は、立地の優位性や個別ニーズへの柔軟な対応を評価し、GLP 尼崎IIIへの入居を決定した。関通が日本GLPの施設を利用するのは初となる。(2021/9/8)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
高級ブランドの分岐点 EC時代、攻めるグッチと守りのシャネル
コロナ禍で、ECの市場が急速に拡大している。EC化には最も遠いと思われていたハイブランドファッションも、「EC化をどう捉えるか」の分岐点に立たされている。グッチ、ルイ・ヴィトン、シャネルなど、各ブランドの戦略の違いとは?(2021/8/30)

没入感:
そごう・西武、西武渋谷店に開業するメディア型OMOストアの全容公開
そごう・西武は9月2日、西武渋谷店パーキング館1階にオープンするメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)」における会場構成を決定した。(2021/8/29)

仕掛け人に聞く:
ジョイフルのハンバーグが20万食も! ユーチューバーとコラボしたD2C事業の成功法則
YouTube試聴人数の飛躍的な増加に伴い、近年ユーチューバーとのタイアップ企画が急増している。ファミリーレストラン「ジョイフル」では、「ヒカル考案 冗談抜きで旨いハンバーグ」が発売1週間で累計20万食を達成。これらを手掛けたサムライパートナーズ社の青木康時氏に、「ユーチューバーとコラボレーションしたD2C事業の成功法則」を聞いた。(2021/8/28)

磯部孝のアパレル最前線:
堅調ZOZOに死角はあるのか 若年層を取り込む「本田翼」CM戦略と「ツケ払い」から考える
ZOZOTOWNを運営するZOZOが好調だ。直近の22年3月期の第1四半期 (21年4〜6月)の商品取扱高は1067億円(前年同期比11.9%増)、営業利益125億円(同20.8%増)と、ステイホームによるデジタルシフトという高いハードルに対して2桁増だった。(2021/8/25)

ダイレクトな人々 第9回:
BAKE創業者の新たな挑戦「CHEESE WONDER」 酪農から始まる“発明的チーズケーキ”作りの舞台裏
話題のD2Cブランドと、そのオーナーの思想について考察するこの連載。第9回はチーズケーキブランド「CHEESE WONDER」のオーナーである長沼真太郎さんに取材しました。(2021/8/16)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

コミュニティー形成が鍵:
ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として注目されるのが、ライブ配信経由でダイレクトに購入を促す「ライブコマース」だ。(2021/7/22)

“飼い主のお使いでワンコが参拝。町人や旅人たちがお世話していた” 江戸時代の「こんぴら狗」を描いたイラストがあたたかい
優しい世界。(2021/7/13)

視点:
HRテックを活用したニューノーマル時代に必要な組織・働き方改革
価値観の多様化と生産人口が減少していく中で、競争力を維持・高めるには、多様な人材を活用してくことが必要だ。そのためには、組織・働き方改革が不可欠である。(2021/7/12)

週末に「へえ」な話:
身長155センチ以下! 小柄女性向けのブランドが、「月商1億円」になった秘密
小柄女性向けのブランド「COHINA」をご存じだろうか。2018年に創業し、その後、順調に売り上げを伸ばしているのだ。その要因として、何があるのか。毎日続けていることがあって……。(2021/7/3)

キラリナ京王吉祥寺にオープン:
D2Cブランドのショールーミングストア「INSEL STORE」 京王電鉄とアイリッジ子会社Qoilが吉祥寺に
オンラインでしか購入できないブランドを体験できる店舗。(2021/6/30)

ダイレクトな人々 第8回:
“和ピクルス”ブランド「和もん」が心と体の栄養を届けるためにしていること
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第8回は“和ピクルス”ブランド「和もん」のオーナーである石根友理恵さんに取材しました。(2021/6/29)

新連載・地域経済の底力:
コロナ禍でも不文律破らず 「シウマイ弁当」崎陽軒が堅持するローカルブランド
人の移動を激減させた新型コロナウイルスは、鉄道や駅をビジネスの主戦場とする企業に計り知れないダメージを与えた。横浜名物「シウマイ弁当」を製造・販売する崎陽軒もその煽りをまともに受け、2020年度は大きく沈んだ。しかし、野並直文社長は躊躇(ちゅうちょ)することなく反転攻勢をかける。そこには「横浜のために」という強い信念がある。(2021/6/4)

「Salesforce Loyalty Management」提供開始:
セールスフォースが業界別クラウドにロイヤルティープログラム運営ブランド向けツールを提供
セールスフォース・ドットコムは近年、業界別の課題解決に注力し、「Salesforce Industry Cloud」シリーズを展開している。その戦略の全容と最新ソリューションについて紹介する。(2021/5/26)

ダイレクトな人々 第7回:
体重100kg超でも品の良い着こなしを 大柄な男性向けファッションブランド「carorie」がこだわったこと
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第7回は異色のメンズアパレルブランド「carorie」のオーナーである小林稜さんに取材しました。(2021/5/25)

PR業界の“旬な事例ランキング” 「SDGs」や「錯視」を抑えて1位になったのは?
国内外のPR事例メディア「PR EDGE」より、前月注目を集めたPR事例をランキング形式で紹介。(2021/5/1)

本田雅一の時事想々:
最高益1兆円のソニーにも、忍び寄る半導体不足の影 インテル“再参入”で状況は変わるか
純利益が1兆円を突破したソニー。PS5が好調だが、半導体不足が影を落としそうだ。最先端の半導体生産は台湾TSMCの独壇場。世界中のハイテク企業が頼らざるを得ない状況だ。インテルがファウンダリに復帰することで、状況は変わるのか。(2021/5/2)

広告配信と併せてインセンティブ施策も実施可能:
NTTドコモ、「dポイント」を通じてメーカーと消費者をつなぐ販促支援型広告サービスを提供開始
「dポイント」および「d払い」加盟店が保有する購買データを活用した広告出稿と「dポイント」によるインセンティブ施策をパッケージとした販促支援型広告サービス「ドコモ広告 セールスプロモーション PKG」を提供開始。(2021/4/27)

北海道のスタートアップを支援 元ソフトバンク社員がファンド設立
新規事業開発コンサルティングを手掛けるPOLAR SHORTCUTは北海道エリアに特化したベンチャーキャピタル「POLAR SHORTCUT1号投資事業有限責任組合」の組成を発表した。(2021/4/26)

電気自動車、音声SNS……21上半期のマーケティング・消費・技術のトレンド予測、注目のキーワードは?
2021上半期は、どんなキーワードが注目されたのか。前回調査と比べて将来性スコアが最も伸びたのは?(2021/4/20)

仕事人の6割「相手の歯並びや黄ばみが気になる」 歯のコンプレックスを抱える人も7割
ビジネスパーソンの6割以上は、相手の歯並びや黄ばみが気になったことがある――。そんな結果が、歯科矯正D2Cブランドを提供するOh my teethの調査で判明した。「良い歯の日」である4月18日にちなみ、20代〜50代のビジネスパーソン1208人を対象に実施した。(2021/4/17)

広告による新規獲得の効率が悪化している今だからこそ:
EC企業が今、UGCを活用すべき理由
さまざま企業がECへの取り組みを加速させる中、新規顧客の獲得はますます重要になっている。一方で、そのための手段として重要なデジタル広告は、期待されるほどの効果を出しにくくなっている。この困難な状況をどう乗り越えればいいのか。デジタル広告のエキスパートが解説。(2021/4/14)

モビリティサービス:
WHILLが電動車いすの月額レンタルサービス開始、高齢者の近距離移動促進を狙う
WHILLは2021年4月8日、介護保険制度を使わない近距離モビリティ「WHILL Model C2」の月額レンタルサービス、「WHILLレンタル」を開始すると発表した。介護保険未利用者だが歩行に課題を抱える高齢者のニーズを幅広く取り込む狙いがある。(2021/4/9)

データドリブン経営基盤の構築、アルペングループが語る「内製化を失敗させない」3つのポイントの意味
EC市場の拡大やD2Cビジネスに代表される取引先メーカー自身の独自販売チャネル開発が盛り上がる中、IT資源にも相応の投資をしてきたリテール企業はどんなDXを進めるべきだろうか。1000万SKU、500万顧客の情報を抱え、レガシーシステムと「Excel集計」業務からの脱却に挑むアルペングループが今本気で向き合うDXの状況を聞いた。(2021/4/8)

実店舗とECを融合:
そごう・西武 非接触で商品説明から決済まで完結する「メディア型OMOストア」を出店
そごう・西武は4月6日、オフラインとオンラインを融合させた「メディア型OMOストア」を展開すると発表した。(2021/4/6)

勘違いだらけのEC参入【第3回】:
広告のムダ打ちを生むCPA至上主義のわな
ECに関する理想と現実のギャップを埋めるための本連載。最終回の今回はWeb広告領域についての「よくある勘違い」を取り上げる。(2021/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。