ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「D2C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2012年6月1日に「ディーツー コミュニケーションズ」から社名変更
「D2C」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

モビリティサービス:
WHILLが電動車いすの月額レンタルサービス開始、高齢者の近距離移動促進を狙う
WHILLは2021年4月8日、介護保険制度を使わない近距離モビリティ「WHILL Model C2」の月額レンタルサービス、「WHILLレンタル」を開始すると発表した。介護保険未利用者だが歩行に課題を抱える高齢者のニーズを幅広く取り込む狙いがある。(2021/4/9)

データドリブン経営基盤の構築、アルペングループが語る「内製化を失敗させない」3つのポイントの意味
EC市場の拡大やD2Cビジネスに代表される取引先メーカー自身の独自販売チャネル開発が盛り上がる中、IT資源にも相応の投資をしてきたリテール企業はどんなDXを進めるべきだろうか。1000万SKU、500万顧客の情報を抱え、レガシーシステムと「Excel集計」業務からの脱却に挑むアルペングループが今本気で向き合うDXの状況を聞いた。(2021/4/8)

実店舗とECを融合:
そごう・西武 非接触で商品説明から決済まで完結する「メディア型OMOストア」を出店
そごう・西武は4月6日、オフラインとオンラインを融合させた「メディア型OMOストア」を展開すると発表した。(2021/4/6)

勘違いだらけのEC参入【第3回】:
広告のムダ打ちを生むCPA至上主義のわな
ECに関する理想と現実のギャップを埋めるための本連載。最終回の今回はWeb広告領域についての「よくある勘違い」を取り上げる。(2021/3/31)

ダイレクトな人々 第6回:
「衣服ロス」が社会問題化する中、セミオーダーの服作りで支持されるアパレルブランド「&her」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第6回は身長に合わせた着丈の調整などを行う、セミオーダーのアパレルブランド「&her」のオーナー、関れいみさんを取り上げます。(2021/3/30)

二極化:
アパレルで働く人の平均年収は「341万円」、職種別は?
アパレル業界で働く人は、どのくらいの給与を手にしているのだろうか。ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」が調査したところ、平均年収は341万円であることが分かった。(2021/3/19)

【新連載】勘違いだらけのEC参入:
御社のECが残念な結果に終わる理由
本連載では、これからECに注力する事業会社に向けて、「よくある勘違い」を紹介し、それが勘違いである理由と、本当に取るべき現実的な対策を示す。(2021/3/17)

起業から1年半:
MOON-X長谷川 晋氏が語る共創アプローチ 日本発D2Cブランドを続々と生み出すためにやっていること
フェイスブックジャパン代表取締役を退任して日本発のマルチブランドを展開するMOON-Xを立ち上げた長谷川 晋氏。創業から1年半を経ての思いとこれからについて、事業戦略共有会で語った。(2021/3/15)

UUUMとAnyMind Group、業務提携に基本合意 インフルエンサー業界の再構築へ
包括的・戦略的パートナーシップによるクリエイター・インフルエンサー業界の再構築を⽬指す。(2021/3/15)

幸福度マーケティングのすすめ:
「グレート・リセット」時代の企業に幸福度マーケティングのすすめ
「幸福度」を起点に顧客と長期的で親密な関係を構築し、経済的価値だけでなく社会的価値、SDGsを実現するための新しいマーケティングコンセプトについて解説します。(2021/3/11)

「コスト」「専門知識」より必要なもの:
PR:「ひとり担当者」でも始められる! 専門家と成功事例に学ぶ、動画マーケティングのコツ
重要性を増す動画マーケティングだが、「コストがかかる」「専門的で大変そう」というイメージから、なかなか手を出しづらいと感じている担当者も多い。そこで今回は、動画マーケティングに詳しい、電通メディアイノベーションラボの天野彬氏に「ひとり担当者」のような部署でも動画マーケティングを成功に導くためのカギを聞いた。(2021/3/5)

ダイレクトな人々 第5回:
ジェンダーギャップ指数153カ国中121位の日本で生まれたFemTechブランド「Nagi」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第5回は吸水ショーツをリリースしたFemTechブランド「Nagi」と販売元であるBLASTで代表取締役を務める石井リナさんを取り上げます。(2021/2/19)

今日のリサーチ:
「自分の価値観と合わない企業から購入するのをやめた」 回答者の6割――セールスフォース・ドットコム調査
「ステークホルダー資本主義」が期待されています。セールスフォース・ドットコム「コネクテッドカスタマーの最新事情」(第4版)を基に、企業が顧客理解と共感の実現に向けて今すべきことを考察します。(2021/2/18)

今日のリサーチ:
コロナ禍のバレンタインデー EC利用が60%増――インテージ調査
外出自粛が続く中で迎えるバレンタインデー。消費行動はどう変わったのでしょうか。(2021/2/13)

デジタルネイティブの「今」 第2回:
サービスのデジタル化と高まるアナログの価値――コロナ禍のデジタルネイティブ実態調査より
本連載では、デジタル化社会の最先端を行くデジタルネイティブの消費行動・価値観に着目し、新たなビジネスの兆しを探ります。第2回となる今回は、「デジタルネイティブが活用するサービス」に着目します。(2021/2/9)

小売の原点回帰か?:
アパレル、インテリア、食料品、日用品……オンラインを主戦場にしてきた「D2Cブランド」がリアル店舗を持つ目的は?
中間業者を使わず自社で企画から販売を行うことで、低価格で製品やサービスを提供するビジネスモデル「D2C」。D2Cブランドがリアル店舗を持つ目的は何なのか。今後どのような進化を遂げていくのか。(2021/1/29)

D2Cビジネス立ち上げを数カ月で NRIが包括支援サービスをスタート
NRIデジタルは「D2C OnBoard」の提供を開始した。企業のD2Cビジネスをワンストップで支援する目的だ。D2C戦略に関するコンサルティングやプロモーションの設計、ビジネス分析などを実施した上でD2Cサービスを構築する。(2021/1/28)

ダイレクトな人々 第4回:
資金もコネも業界知識もなくインフルエンサーでもない一女性のブラジャーの悩みから誕生した「24hブラ」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第4回はノンワイヤーブラジャー「24hブラ」をリリースした「BELLE MACARON」と販売元であるashlynで代表取締役を務める小島未紅さんを取り上げます。(2021/1/5)

20〜30代の女性をターゲット:
ココカラファインがD2Cの旗艦店で仕掛ける”顧客誘導戦略”とは?
ココカラファインは、新たなコンセプトの都市型大型旗艦店「ココカラファイン東京新宿3丁目店」を12月18日にオープンした。(2020/12/24)

ダイレクトな人々 第3回:
養豚業界に旋風を巻き起こす“豚野郎”が作った至高のブランド豚「三右衛門」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第3回は山西牧場代表取締役で養豚家の倉持信宏さんが展開する農場直送ブランド「三右衛門」を取り上げます。(2020/11/20)

新体制でスタート:
トレジャーデータの4つの新戦略 「D2C」や「脱Cookie」でCDPに期待されることとは?
新生トレジャーデータの新戦略キーワードは「APAC」「人材育成」「エコシステム」「カスタマーサクセス」の4つ。(2020/11/9)

視点:
モノが売れない時代に鍵となる“コンテクスト消費”とは
コンテクスト消費を喚起していくうえで、企業が今考えなければならないことは大きく2つある。(2020/11/9)

スピン経済の歩き方:
だから、多くのアパレルは苦戦することに
名門ブランド「レナウン」の消滅が決まった。このほかにも多くのアパレルが苦戦しているが、なぜこのような事態に陥ったのか。店舗数の多さが関係しているようで……。(2020/11/3)

NTTデータ Salesforceでキリンの顧客向けプラットフォームを開発
NTTデータは、キリンの事業活動の土台となる「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。SalesforceのPaaS「Heroku」で開発された。顧客データを一元管理し、多様化する消費者のニーズに合ったマーケティングを実現する。(2020/10/22)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナで吹き飛んだ経済効果400億円 オンライン開催に踏み切った「さっぽろオータムフェスト」の勝算――「Amazonと同じにはしない」
来場者236.4万人、経済効果400億円とも試算される札幌市の食の祭典「さっぽろオータムフェスト」。今年13回目になる「さっぽろオータムフェスト」は新型コロナウイルスの影響でオンラインでの開催を余儀なくされた。単なるECサイトにしないために、どんな工夫をしたのか。キーマンたちに奮闘ぶりを聞いた。(2020/10/17)

中小ビジネスが逆境に打ち克つために:
InstagramでEコマースを無料で始めるメリット
コロナ禍で注目されるネットショップ開設。中でも中小ビジネスは、Facebookが同社のアプリ(FacebookやInstagramなど)で提供する「ショップ機能」に注目するといいかもしれない。【訂正あり】(2020/10/12)

ダイレクトな人々 第2回:
ソンミさんが作った“美肌塾”としてのD2Cブランド「meeth」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第2回はモデルで美肌研究家のソンミさんが展開するスキンケアブランド「meeth」を取り上げます。(2020/10/9)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる ウーバーイーツがけん引する、「流通」政策の今
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/10/8)

これからの広告の定石を語る【前編】:
トライブを制する者がマーケティングを制する
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と注目のマーケティング手法について、最新事例とともにマーケティング戦略の専門家が解説する。(2020/9/10)

飛躍:
アフターコロナに急展開するASEAN食品Eコマース
新型コロナウイルスが猛威を振るい、外出自粛を余儀なくされた期間、世界各地で食品Eコマースが伸長した。(2020/8/24)

【新連載】ダイレクトな人々 第1回:
小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察します。(2020/8/14)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「ニューバランス」をはじめとする有力ブランドのエンゲージメント力です。(2020/8/3)

新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【後編】
マーケティング予算削減の危機 「MarTech」でどう乗り越える?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング予算が削られれば、MarTechへの新規投資は難しくなる。難局を乗り切る現実的な策とは。(2020/7/7)

緊急特集 デジタル変革の旗手たち――緊急対応編:
AIで店舗の「3密」対策、社内ハッカソンから2週間で実装――サツドラホールディングス 代表取締役社長 富山浩樹氏
北海道を中心に約200店舗を展開するドラッグストアチェーン「サツドラ」は、コロナ禍においてどんな「英断」をくだしたのだろうか。(2020/6/22)

新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【前編】
マーケターの雇用危機対策 マッチングサイトで急場をしのぐ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング業界も打撃を受けている。予算が削られ、人員削減も始まっている。こうした中、窮地に陥ったマーケターに救いの手を差し伸べる動きが出てきた。(2020/6/9)

ECサイトの迅速な立ち上げを支援:
コロナ禍がD2Cを後押し セールスフォースが最短2週間でECサイト立ち上げ可能なライセンスパッケージ提供
セールスフォース・ドットコムが提供開始した「Eコマース特別ライセンスパッケージ」の中身と同社が今これを提供する意義について解説する。(2020/6/2)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回は「D2C(Direct to Consumer)」をテーマにしたコンテンツをお届けします。(2020/5/25)

製造マネジメントニュース:
新型コロナでもソニーの基軸は「人」、イメージング&センシングでNo.1目指す
ソニーは2020年5月19日、2020年度の経営方針説明会を開催した。次世代機PS5の市場投入が期待されるゲーム関連事業に加え、マイクロソフトとの協業を発表したセンシング事業などの説明を行った。(2020/5/21)

ECサイトを短期間で構築、セールスフォースが「Eコマース特別ライセンスパッケージ」を提供開始
セールスフォース・ドットコムは「Eコマース特別ライセンスパッケージ」の提供を開始する。最短2週間でECサイトを構築できる。通常3年間のライセンス契約を、同パッケージに限って1年間で提供する。(2020/5/19)

サイバーエージェント、マーケティングのDX専門組織を設立 店舗の販促などにAI活用
サイバーエージェントは、従来の広告活動に限定しない、マーケティングのDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進する組織「DX Opportunity Cente」を設立した。(2020/5/18)

ハーブと果物で作られた「宝石和菓子」が神秘的な美しさ コロナ禍のピンチに支援が集まる
事業が認められてさあこれからというときにコロナが……。(2020/5/15)

今日のリサーチ:
D2Cに期待される提供価値は「安心感」と「お得感」――SBペイメントサービス調査
D2C(Direct to Consumer)に関連した2つの調査の結果です。(2020/5/6)

データドリブンなデジタル広告はどこへ行くのか【後編】:
「ゼロパーティーデータ」が顧客との新しいつながり方を生む
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデータ活用の規制が進もうとしている。現状の課題を整理し、企業がこれから取るべき行動についてエキスパートがまとめた。(2020/4/17)

今日のリサーチ:
「2019年 日本の広告費」におけるインターネット広告媒体費の詳細――電通グループ4社が分析
媒体の種別でみると動画広告が飛躍的に伸長しており、取引手法では運用型広告が全体の約80%を占めるに至りました。(2020/3/18)

「美容垢」で見えるインサイト:
TwitterがキラキラしたInstagramよりも美容の情報源として有益かもしれないと考えられる理由
美容に関する女子のネタ元はインフルエンサーのまぶしい投稿満載なInstagramのみにあらず。本音が見えるTwitterが実は有益だったりするというデータ分析の結果を紹介。(2020/2/14)

新しい企業とお客の形:
丸井グループ、「売らないお店」支援のD2C新会社発表 リアル店舗出店は“広告出稿の一つ”へ?
丸井グループが子会社「D2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー株式会社)」の設立を発表した。D2C関連企業へ出資や出店支援をしていくという。丸井グループは「売らないお店」への方針転換を図っており、インターネットによって変化するビジネスモデルの台風の目となりつつある。(2020/2/13)

「MOON-X」が始動:
元フェイスブックジャパン代表の「次の一手」はなぜクラフトビールのD2Cなのか
フェイスブックジャパン代表取締役を退任し、日本のモノ作りを体現するブランド群を作ろうと起業した長谷川 晋氏。サブスクリプションモデルでクラフトビールを販売するという意外な展開に至った真意とは。(2020/1/29)

「一目惚れして買ったお皿がハムにしか見えなくなって困ってる」 Twitterに投稿された写真が「本当にハムだ」と共感呼ぶ
そう聞くと塩コショウしたハムにしか見えなくなる。(2019/12/25)

太陽光:
150万円で導入できる卒FIT太陽光向け蓄電池、スマートソーラーが新発売
スマートソーラーが卒FIT太陽光ユーザー向けに、容量12kWhの蓄電システムを開発。価格は工事費込みで約150万円という競争力のある価格を実現した。(2019/12/24)

今日のリサーチ:
セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表 「ウォレットシェアの争奪戦」の行方は?
小売業者、ブランド、オンライン市場で「ウォレットシェアの争奪戦」が起こっています。デジタルチャネルの利用が増す一方で実店舗への期待も依然として高いものがあります。(2019/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。