ニュース
» 2011年06月02日 17時58分 UPDATE

“ご近所情報”をAndroid端末に自動配信――DNPが電子チラシ配信を実証実験

自宅周辺の生活情報が自動的に送られてくる――大日本印刷と城北宣広は、Android端末にプッシュ型で電子チラシを配信するサービスの実証実験を開始した。

[本宮学,ITmedia]

 大日本印刷(DNP)と城北宣広は6月2日、Android端末向けにプッシュ通知で電子チラシを配信するサービス「チラシ直送便PLUS」の実証実験を6月末から大阪府内で開始すると発表した。2012年度の実用化を目指す。

 新聞折り込みチラシを電子化し、Android搭載の専用端末に毎朝プッシュ配信する。利用者は最初に自宅の郵便番号を入力するだけで身近な生活情報を容易に手に入れられるという。チラシは一覧表示や拡大表示ができるほか、気になったチラシを「お気に入りチラシ」として登録できる。

photo 「チラシ直送便PLUS」使用イメージ図

 実証実験は、ケイ・オプティコムを通じて実施し、モニターに配布した専門端末に生活情報を配信する「eoスマートリンク」を活用して行う。対象となるのは大阪府北摂エリア5市(豊中市、池田市、吹田市、茨木市、箕面市)のモニター500世帯。

 チラシ直送便PLUSは、「デジタルサイネージジャパン2011」(6月8〜10日、幕張メッセ)のDNPブースに出展する。

関連キーワード

大日本印刷 | Android | 実証実験 | 電子チラシ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -