ニュース
» 2011年06月03日 22時17分 UPDATE

NEC、Xeon E3採用のワークステーションを発売――省電力と高性能を両立

NECはスリムタイプのワークステーション「Express5800/53Xg」を発売。CPUにXeon E3を選択すると、従来機より26%低い消費電力と1.5倍の処理性能を両立できるという。

[本宮学,ITmedia]
photo 「Express5800/53Xg」

 NECは6月3日、スリムタワー型ワークステーションの「Express5800/53Xg」を発売した。従来機(Express5800/53Xf)から34%の小型化を実現したほか、CPUにXeon E3を選択すると、従来機より26%低い消費電力と1.5倍の処理性能を両立するという。

 CPUはCore i3-2100、Xeon E3-1280/E3-1275/E3-1225の中から選択できる。メモリはDDR3 2Gバイト/4Gバイト/8Gバイトをそれぞれ標準で用意し、最大16Gバイトまで拡張可能。HDDは160Gバイト/250Gバイト/500Gバイト/1Tバイトを標準で用意、最大で2Tバイトまで拡張できる。OSはWindows 7 Professional 64/32bit。

 本体サイズは縦置き時で90(幅)×373(奥行き)×336(高さ)ミリ、本体重量は9.2キロ。構成例の希望小売価格はXeon E3搭載モデルが49万2000円、Core i3搭載モデルが21万9000円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -