ニュース
» 2011年06月13日 18時25分 UPDATE

待機電力ゼロ・瞬時起動の電子機器実現へ前進 NECと東北大が新技術

NECと東北大が、CPU内の一部回路を不揮発化する新技術を開発。不揮発メモリと組み合わせることでCPUや機器全体の不揮発化も可能になり、待機電力ゼロで瞬時に起動する電子機器の実現に近づくという。

[ITmedia]

 NECと東北大学は6月13日、CPU内で使用する「連想メモリプロセッサ」(CAM)で、既存回路と同等の高速動作と、データを回路上に保持できる不揮発動作を両立する技術を開発、実証したと発表した。不揮発メモリなどと組み合わせることでCPUや機器全体を不揮発化でき、待機電力ゼロかつ電源オンで瞬時に利用できる電子機器の実現に近づくとしている。

 電子のスピンを利用したスピントロニクス論理集積回路技術の1つとして開発した。磁性体に対して垂直な磁化をもつ「垂直磁壁素子」を利用することで、キャッシュメモリのデータ参照に必要なCAMで処理中のデータを、CAMの電源を切ってもそのままの状態で回路上に保持できるようになったという。

 またデータ検索もCMOSトランジスタのみで構成した従来のCAMと同等で、回路面積も削減できるという。

関連キーワード

CPU | NEC(日本電気) | 東北大学


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -