ニュース
» 2011年07月04日 14時18分 UPDATE

Googleリアルタイム検索が消えている

Twitterのツイートなどを検索できるGoogleリアルタイム検索が7月4日時点で使えなくなっている。Google公式Twitterアカウントが理由を説明した。

[ITmedia]

 Twitterのツイートなどを検索できるGoogleのリアルタイム検索が使えなくなっている。7月4日時点ではリアルタイム検索のURLにアクセスするとエラーとなり、検索結果表示画面の左側からもなくなっている。

 Googleリアルタイム検索の公式Twitterアカウントは日本時間の4日午後3時過ぎにこの件をツイートで説明。現在はリアルタイム検索をいったん停止した上でソーシャルサービス「Google+」との統合を試みているという。

UPDATE

Googleは、リアルタイム検索の一時停止が「Twitterとの契約切れ」のためだと明らかにした。


photo 404エラーが表示される
photophoto 検索結果ページの左カラムからは消えているが、トップページのプルダウンメニューには表示されている

 リアルタイム検索のURLにアクセスすると、そのURLがサーバ上に存在しないというエラーメッセージが表示される。また検索結果表示ページの左カラムからもリアルタイム検索へのリンクが消えている。ただ、Googleトップページの「もっと見る」からはリアルタイム検索は表示されている(アクセスはエラーとなる)。

 検索エンジン専門の米メディア「search engine land」は、ランディングページヘルプページは存在していること、リアルタイム検索の公式Twitterアカウントが閉鎖されていないことなどを挙げ、これはミスではないかと推測していた。

 “難民”化したユーザーはYahoo!JAPANのリアルタイム検索やTwitterの検索を利用しているようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -