ニュース
» 2011年07月19日 19時25分 UPDATE

ハイビジョン映像に画像処理でも消えない電子透かし NHKと三菱電機が新技術

ハイビジョン映像に電子透かしを高速に埋め込む技術を、NHKと三菱電機が開発。サイズを縮小するなどの画像処理をしても読み出しが可能という。

[本宮学,ITmedia]

 日本放送協会(NHK)と三菱電機は7月19日、ハイビジョン動画の画質劣化を抑えながら電子透かしを高速に埋め込む技術を開発したと発表した。サイズを縮小したり、アナログ変換された映像からの透かし検出も可能で、さまざまな著作権保護に活用できるとしている。

 従来の電子透かしは圧縮した映像にしか埋め込めず、放送用の高画質映像には利用できなかった。また、電子透かしの埋め込みが可能な映像の場合でも、映像情報として必要な100ビット程度のデータを埋め込むためには時間がかかってしまう問題があった。

 新技術では分割処理による埋め込みアルゴリズムを採用。画質劣化を伴わず、埋め込み処理時間を20倍に高速化したという。また、埋め込んだ情報の読み出しに必要な画像フレーム数を5分の1〜10分の1に削減。数秒程度の映像からでも埋め込み情報を取り出せるようにした。

 新技術はDirectShowのフィルターとして作成。汎用的な形式を採用することで、映像伝送システムや編集装置などに組み込み可能とした。番組の撮影から送出までのワークフロー上の映像管理や著作権保護などへの活用を見込んでいる。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -