ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子透かし」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子透かし」に関する情報が集まったページです。

ファミマ「著作権侵害には該当しない」 公式Xの投稿画像にウォーターマークが見えるという指摘に回答
ファミリーマートは4日、公式Xアカウントが2日に投稿した画像について「著作権侵害には該当しないことを確認している」と公表した。(2024/7/4)

AI最大の懸念は依然として信頼性、安全性、品質:
「Google I/O 2024」の基調講演から探る、“100万トークン”が意味すること
TechTargetは「Google Gemini AI アップデート」に関する記事を公開した。LLMの性能競争が激しくなる中、生成AIアプリの開発者や利用者にとって本当に必要な性能や機能とは何か? 「Google I/O 2024」の基調講演を通じて探る。(2024/6/20)

AIが生成した画像かどうかを判別するツールを開発中:
OpenAIがデジタルコンテンツの真正性を保証する取り組みを紹介 C2PA参加など
OpenAIはデジタルコンテンツを検証する際に必要な基準を確立するため、C2PAの運営委員会に参加すると発表した。また、同社のツールで作成されたコンテンツの真正性を研究する取り組みも併せて発表した。(2024/6/1)

Google I/O 2024:
Google I/O 2024基調講演まとめ AI一色、GPT-4oのような機能も
Googleの年次開発者会議「Google I/O」の基調講演で発表されたことをまとめた。ハードウェアについてはAIデータセンター向けのTPUのみで、Gemini中心の基調講演だった。(2024/5/15)

カスタムモデルインポート、モデル評価、安全対策:
AWS、生成AIアプリの構築、展開基盤「Amazon Bedrock」の新機能を発表
AWSは、基盤モデルを使用した生成AIアプリケーションの構築、展開を支援する「Amazon Bedrock」サービスの新機能を発表した。新機能には、カスタムモデルインポート、モデル評価、「Guardrails for Amazon Bedrock」があり、使用可能な基盤モデルの選択肢も拡大している。(2024/4/26)

AI搭載Surface PCを発表:
Windows Copilotで「働き方の新時代の推進」、Microsoftが語る3つの戦略
Microsoftは2024年3月に開催されたデジタルイベントで、Copilotや新しいSurface for Business、Windows Cloud PCといったデバイスを通して、顧客のビジネス全体で、AIの安全かつ効率的な活用を推進すると発表した。(2024/4/13)

OpenAIが開発、動画生成AI「Sora」の衝撃 エンタメコンテンツはどう変わる?
生成AI技術の進化が著しい。「ChatGPT」を開発したOpenAIが動画生成AI「Sora」を発表し、話題を集めている。技術革新によって、エンタメビジネスは今後、どう変化していくのか。(2024/2/27)

OpenAI、DALL・E 3で生成した画像にCP2Aの電子透かし追加
OpenAIは、画像生成AIモデル「DALL・E 3」で生成された画像にC2PAメタデータを含ませるようにしたと発表した。画像を「Content Credentials Verify」などにドロップすると発行元がOpenAIだと表示される。(2024/2/7)

Marketing Dive:
Googleが検索広告に生成AIモデル「Gemini」を統合してマーケターが期待できること
Googleが予告通り検索広告の会話機能に生成AIを導入した。Geminiの統合でマーケターが期待できるのはどういうところだろうか。(2024/2/5)

Google、「Imagen 2」ベースの画像生成AIツール「ImageFX」をLabsでリリース
Googleは、生成AI画像モデル「Imagen 2」ベースの画像生成ツール「ImageFX」をリリースした。「DALL・E 3」や「Microsoft Designer」のようなツールだが、「expressive chip」が使えるという特徴がある。(2024/2/2)

GoogleのAI「Bard」、日本語で「Gemini Pro」と「G」ボタン対応 英語なら描画も可能に
Googleは生成AIチャット「Bard」の2024年最初のアップデートを発表した。「PaLM 2」ベースから「Gemini Pro」ベースになり、日本語でも回答の再確認が可能になり、英語で画像を生成可能になった。(2024/2/2)

イラストのAI学習を妨げる「emamori」正式サービス開始 有料プランも
SnackTimeは17日、ネットにアップするイラストのAI学習を妨げるサービス「emamori」を正式発表した。無料プランと3つの有料プランを用意している。(2024/1/17)

報道写真“本物”と証明 ニコンのカメラに来歴機能を搭載へ AFPと共同で検証
ニコンは、開発中の来歴記録機能について、報道分野での実用性の検証を、AFP通信と共同で行う。(2024/1/10)

Google、テキスト→画像生成AIモデル「Imagen 2」をVertex AIでリリース 画質大幅アップ
Googleは、テキストから画像を生成するAIモデル「Imagen 2」をGoogle Cloudのプラットフォーム「Vertex AI」で公開した。先代より画質が大幅アップし、レンダリングしたテキストを画像に貼り付けることなどが可能になった。(2023/12/14)

AIを取り巻くリスクとチャンス【前編】
アクセンチュアが考える「生成AI」の“リスク“こそ大切な理由
ビジネスにおいて生成AIを活用する動きが広がる中で、生成AIのリスクに適切に対処することが欠かせなくなりつつある。専門家が特に懸念する生成AIのリスクを解説する。(2023/11/30)

松尾豊東大教授が語る「生成AIと著作権の現状」 日米欧の違いは?
松尾豊東大教授の講演をレポート。中編では生成AIと著作権におけるルール作りの現状と、日米欧の違いについてお届けする。(2023/11/11)

Meta、FacebookやInstagram上の政治広告でのAI利用開示を義務付けるポリシー変更
Metaは、2024年の米大統領選に向けて、政治広告でのAIなどを利用したコンテンツのデジタル的な改変の開示を義務付けるポリシー変更を発表した。このポリシーは2024年に世界中で発効する。(2023/11/9)

Google、広告サービス「P-MAX」に生成AI採用の新機能 テキストと画像の生成・カスタマイズなどが可能に
Googleの広告部門は、生成AI採用の広告サービス「P-MAX」に数クリックで最適化されたアセットを生成する機能と、プロンプトで画像の背景を変えられる機能を発表した。まずは米国で提供開始する。(2023/11/8)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
小林製薬が「VRヨワナイン」の商標を出願/MicrosoftがAI機能「Copilot」を組み込んだ次世代「OneDrive」を発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、10月1日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/10/8)

BingチャットとBing Creatorに無料の「DALL・E 3」降臨
Microsoftは無料のBingチャットとBing CreatorでOpenAIの「DALL・E 3」を使えるようにした。DALL・E 3は文章から画像を生成するAIで、有料の「ChatGPT Plus」と「ChatGPT Enterprise」でも10月中に利用可能になる見込みだ(2023/10/4)

Jabraが新型ビデオバー「PanaCast 50 Video Bar System」を発表 仕事はかどるオンライン会議は“PCレス”が鍵になる?
NGオーディオジャパンが、「Jabra PanaCast 50 Video Bar System」を発表した。ビデオバーにタッチスクリーンコントローラーを組み合わせた新モデル投入の意図や、ハイブリッド会議での課題、それらを取り巻く環境について聞いた。(2023/9/15)

Google DeepMind、Imagenで生成した画像に電子透かしを埋め込む「SynthID」リリース
Google DeepMindはGoogle Cloudと提携し、AIで生成した画像を識別するツール「SynthID」のβ版をリリースした。まずはVertex AI上のImagenで生成した画像に電子透かしを入れられるようになる。(2023/8/30)

Innovative Tech:
AIが書いたテキストに“電子透かし”を入れる技術 人に見えない形式で埋め込み 米国チームが開発
米メリーランド大学に所属する研究者らは、大規模言語モデル(LLM)が出力するテキストに対して電子透かし(ウォーターマーク)を入れるフレームワークを提案した研究報告である。(2023/8/2)

Innovative Tech:
画像生成AIに“AIが作った画像”を学習させ続けると? “品質や多様性が悪化” 「モデル自食症」に
米ライス大学と米スタンフォード大学に所属する研究者らは、AI生成画像(合成データ)を用いて別の生成モデルが学習し続けると、その精度にどのような影響がでるのかを検証した研究報告を発表した。(2023/7/26)

Google I/O 2023:
Google I/O 2023基調講演まとめ
Googleが5月10日に開催した年次開発者会議「Google I/O」で発表されたことを時系列にまとめた。約2時間20分という例年より長いイベントでは主にAIの取り組みについて語られた。(2023/5/11)

Innovative Tech:
紙に“隠しARデータ”を埋め込む電子透かし技術 Adobeが開発 家庭用プリンタで印刷可能
米Adobe Researchに所属する研究者らは、一般家庭でよく使われているインクジェットプリンタで紙に隠しARデータを埋め込める電子透かし技術を開発した。(2023/5/9)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
OpenAIがChatGPTとWhisper用のAPIを提供開始/パッチ「KB5022913」の適用でWindows 11が起動不能に
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月26日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/3/5)

ITワード365:
【クイズ】「著作権保護などを目的に画像や映像、音楽などのデジタルコンテンツに情報を埋め込む技術……」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2022/12/28)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「IE 11」の完全無効化は2023年2月14日に ディスプレイ付きメカニカル有線キーボード「Centerpiece」登場
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、12月18日週に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2022/12/25)

DeNA、モバゲーのアバター資産をメタバース事業に投入 「Mobage 3D Park」プレ公開、「怪盗ロワイヤル」ブースも
「Mobage」のアバターがメタバース空間でも利用可能に。「怪盗ロワイヤル」のブースなどが楽しめるメタバースを設置。アバターシステムをSaaSとして他社提供も。(2022/11/8)

停止中のイラスト生成AI「mimic」が10月に再開へ 審査、追跡機能など不正対策を追加
不正利用対策が不十分と指摘され、一時停止中の「mimic」について、提供するラディウス・ファイブがサービス再開に向けた改修方針を発表した。不正対策を施したバージョンを10月中に公開する。(2022/9/14)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
プラスチック問題の解決が求められる消費財メーカー
国連のプラスチック汚染に関する国際条約は、海洋に流出する何百万トンものプラスチックゴミを削減する大きな一歩となりそうです。各国政府が具体的な取り組みを加速する中、フィデリティは消費財メーカーに対して、地球上最も重大な課題の1つに現実的な解決策を提供するよう働きかけています。(2022/7/22)

メタバースでのなりすましを防ぐ 3Dアバターの本人証明ができるセキュリティ基盤 凸版印刷が開発
凸版印刷が、メタバース向けセキュリティ基盤「AVATECT」を開発した。3Dアバターの情報管理機能、唯一性を証明するためのNFT化、コピーガードとしての電子透かし付与など、他者のなりすましを防止する機能を備える。(2022/2/18)

セキュリティ強化から取り組む働き方改革:
PR:離れて働く社員をどうつなぐ? どう守る? 今知りたい「ハイブリッドワーク時代」のセキュリティレベルと生産性の高め方
アフターコロナに向け「働き方」を再構築する時期に差し掛かっている。リモートワークにおいては「継続」を望むビジネスパーソンの声が根強く、今後は社員の働く場所がオフィスと在宅に分かれても、セキュリティレベルも生産性も落とさない、むしろ“ハイブリッドだからこそ生まれるイノベーション”を追求する。そんな労働環境が理想になるだろう。では、そのために今どのような準備を進めるべきだろうか?(2021/12/14)

「バーチャル背景」をビジネスに役立てる【前編】
Zoomの「バーチャル背景」だけじゃない、仕事で使えるWeb会議カスタマイズ機能
Web会議ツールのカスタマイズ機能は「バーチャル背景」だけではない。主要なカスタマイズ機能と、それらをビジネスに役立てる可能性を探る。(2021/8/17)

集中管理とアクセス監視で高セキュリティを確保:
企業向けファイル共有サービスにはどのようなものがあるのか
Comparitech.comは6つの主要な集中管理型の企業向けファイル共有サービスについて、レビュー結果を公開した。「Serv-U Managed File Transfer Server」が最高の評価を得た。重要なのは自社の目的に合うこと、不要な機能に費用を費やさないことだという。(2021/6/25)

NFTアートの価値とは? 知られざる3つのメリット
最近巷でNFTアートが人気を集めています。NFTアートとは何なのか(あるいはそもそもNFTとは何なのか)、この人気の理由は何なのか、今後どのようなことが起こりうるのか見ていきたいと思います。(2021/6/4)

「どこからでも安全で簡単にアクセス」を実現する:
PR:シトリックスのSASEは他と何が違う? シトリックスがセキュアアクセスソリューションでこだわったもの
テレワークが当たり前の時代、従来の考え方では安全性や利便性を維持するのは難しい。クラウドを前提とした快適で安全な業務環境を実現するためには「SASE」が有効だ。さまざまな製品やサービスがあるがシトリックスのSASEは他と何が違うのか。(2021/3/26)

「クラウドファイル共有」7選【第2回】
「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?
「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。(2021/2/24)

「Twitter魚拓」に、画像が本物か確かめられる新機能 誹謗中傷裁判時、証拠として使いやすく
誹謗中傷などの迷惑ツイートを画像で保存し、被害者が証拠として残しておける「Twitter魚拓」に、画像が偽造されていないかチェックできる新機能「画像偽造検証くん」が追加された。(2020/6/18)

Google Drive、OneDrive、Box、Dropbox――進化を続ける4大クラウドストレージの機能を徹底解説
ポイントはストレージ容量やスピードだけではなくなってきた。代表的な4つのクラウドストレージの機能面の進化を解説。(2020/2/19)

不正を検知する仕組みがあるという点が重要
「仮想デスクトップの電子透かし」は何の役に立つのか?
IT担当者は仮想デスクトップに透かしを追加できる。その結果、悪意を持った内部関係者に機微な情報をばらまくのを思いとどまらせ、全てのユーザーに各自の行動の重大さを気付かせることができる。(2018/11/22)

リテールテックJAPAN2018:
レジ自動化はどこまで可能か、生体認証やRFID、画像認識でレジレスにたどり着け
「リテールテックJAPAN 2018」で注目を集めたのが、レジの自動化につながるソリューションの展示だ。NEC、富士通、日立製作所、SCSK/サインポスト、ヴィンクス/パナソニック、大日本印刷のレジ自動化関連の展示についてレポートする。(2018/3/16)

「iOS 11」でApple Pay以外にもNFCを開放
iPhoneが待望のNFC対応、IoTの世界を一変させる理由
「iOS 11」以降はNFCタグの読み取りが可能になる。スマートフォンを持つユーザーの大多数がNFCタグを読み取れるようになることで、IoTの世界はどう進化するだろうか。(2017/9/28)

鍵になるのは「検索性」
「達人」が伝授、生産性が上がる社内文書活用のポイント
スピーディーかつ柔軟な検索、リアルタイムの情報共有、タブレットの活用。電子化された文書を生かしてどう業務を効率化するか。エキスパートと共に考える。(2016/8/23)

GYAOと漫画家赤松健がJコミックテラス設立 無料電子コミックサービス「マンガ図書館Z」の提供を開始
「絶版マンガ図書館」がサービス拡充してリニューアル。(2015/8/3)

赤松健さんが語る「マンガ図書館Z」の狙い 「あらゆる作家が潤い、海賊版が絶滅する世界を」
赤松健さん率いるJコミ「絶版マンガ図書館」がGYAOとの提携で「マンガ図書館Z」にリニューアル。海賊版撲滅と漫画家の収入源確立を目指し、さらに事業を拡大していきたいと意気込む。(2015/8/3)

赤松健さんとGYAOが無料マンガ配信に新たな一手 「マンガ図書館Z」始まる
Jコミの「絶版マンガ図書館」を継承・リニューアルする形でサービス開始。絶版作品だけでなく、インディーズからの作品投稿も受け付けるサービスに進化した。(2015/8/3)

赤松健さんとGYAO、無料漫画配信サービス「マンガ図書館Z」開始 Jコミ事業引き継ぎ
GYAOと漫画家の赤松健さんが、無料で漫画をネット配信する「マンガ図書館Z」を始めた。Jコミの事業を引き継ぐ。(2015/8/3)

オランダの中古電子書籍ストア「Tom Kabinet」、裁判所の判断を受け電子透かしを導入
デジタル古書の売買は、それが海賊版などでないことが明らかなら、サービスとしては成り立つことになりそうだ。オランダの判決より。(2015/2/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。