ニュース
» 2011年08月03日 15時58分 UPDATE

民放キー局5社と電通、ネット対応テレビ向けVODを共同展開へ 「テレビ番組のファンを増やす」

在京民放キー局5社と電通は、ネット対応テレビ向けに番組を有料配信するVODサービスを来年度以降、共同で展開する。「リアルタイム視聴につなげる流れを作り出す」という。

[ITmedia]

 在京民放キー局5社と電通は8月3日、インターネット対応テレビ向けに、番組を有料配信するビデオオンデマンド(VOD)サービスを来年度以降、共同で展開すると発表した。テレビ離れが進む中、「地上波放送でのリアルタイム視聴を促進し、番組視聴時間を拡大する民放独自のVODサービス」を目指すという。

 VODで視聴機会を増やし、「リアルタイム視聴につなげる流れを作り出す」のが狙い。サービス開始時期は6社で詰めるが、2012年度から試験的にスタートする計画。タイトルから探す既存のVODサービスとは異なり、「簡単で誰でも使えるユーザーインタフェースを開発」し、スマートフォンやタブレット端末などにも対応させる考え。

 6社は「テレビの価値を向上させるという共通認識」のもと、「より多くの視聴機会を提供することで視聴者層を拡大し、テレビ番組のファンを増やそうとするもの」だとしている。

関連キーワード

テレビ | 民放 | VOD | ネット対応テレビ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -