ニュース
» 2011年09月01日 18時18分 UPDATE

SIGN & DISPLAY SHOW 2011:ディスプレイが空中に? SFのような「空中結像サイネージ」を見てきた

何もない空中にディスプレイを映し出すという「空中結像サイネージ」がイベントに登場した。SF映画のようなコンセプトの同技術を早速体験してきた。

[本宮学,ITmedia]
photo 「空中結像サイネージ」イメージ画面(出典:アスカネット公式ページ)

 何もない空中にディスプレイが映し出される――。そんなSF映画のような「空中結像サイネージ」を、アスカネットが「SIGN & DISPLAY SHOW 2011」(東京ビッグサイト、9月1〜3日)に参考出典している。

 同技術では、2枚のガラスを組み合わせて開発した特殊なパネル「AIP」(エアリアルイメージングパネル)を活用。PCなどのディスプレイが発する光をAIPに通過させることで、反射角を利用して作成した虚像を空中に浮かびあがらせる──という仕組みだ。

 ディスプレイからの光だけでなく、コップなどの実物も空中投影できる。実物を投影する場合は、映し出したい像と上下逆さに実物を設置し、光を当ててAIPを通過させる。それにより、「実物の虚像を3D風に空中投影できる」(説明員)という。

photo 技術解説図(出典:アスカネット公式ページ)

 実際に見てみると、「まだ開発途中の段階」のためか、3D対応のテレビなどを見た場合とそこまで視覚的に大差がないイメージだった。しかし「AIPをパネル状に広範に配置し、より広い面積で光を通過させることなどによって、将来的にはより立体的な虚像を空中に浮かびあがらせられるようになる」という。

photo うっすらと空中に浮かび上がって見える

 アスカネットは同技術を「プロンプター(講演の際などに台本を映し出す装置)などに活用できる」としている。従来のプロンプターは講演者から見て左右に設置したアクリル板に台本を映し出すことが多く、講演者はスピーチの際に左右をちらちらと見て台本を確認しながら話さざるをえない問題があった。同技術を活用することで、「講演者は台本を確認しつつ、しっかりと前を向いてスピーチできるようになる」という。

photophoto コップなどを映し出す場合、AIPの下部に実物を上下逆さに設置する

 AIPは、アスカネットが今年3月から開発に取り組んでいる新技術。同社はAIPの実用化に向け、「AIPを生かしたビジネスアイデアを持つ企業とのコラボレーション」を目指す。

関連キーワード

3D | ディスプレイ | β版 | 東京ビッグサイト | SF


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -