ニュース
» 2011年09月06日 13時04分 UPDATE

カスペルスキーが個人向けセキュリティソフトの最新版発売、クラウド連携を強化

1パッケージでWindows、Mac、Androidの端末を自由に組み合わせて利用できるライセンスを新たに提供する。

[國谷武史,ITmedia]

 カスペルスキーは9月6日、個人向けセキュリティソフトの最新版「カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティ」など3製品を発表した。既存ユーザー向けの更新ライセンスを同日から、パッケージ版を9日からそれぞれ発売する。

 カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティは、1パッケージでWindows、Mac、Androidの端末を自由に組み合わせて利用できるのが特徴。有効期限は最初にインストールした日から1年もしくは2年となり、例えば最初にWindows PCにインストールして3カ月後にAndroidのスマートフォンにインストールすると、Androidのスマートフォンの有効期限は9カ月もしくは1年9カ月となる。同製品では「1年1台ツインパック版」も提供。この場合、2台の端末の有効期限はそれぞれ1年となる。

 同製品以外に発売するのは、「カスペルスキーアンチウイルス2012」(Windows版およびMac版)と、Android向けの「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」。カスペルスキーモバイルセキュリティ9は、Android 1.6〜2.3で利用でき、同3.xでは別途、タブレット版を提供するという。

kaspersky001.jpg 最新版のクラウド型検出で強化された機能

 機能面では、同社のデータベースにある脅威の評価(レピュテーション)情報を随時参照しながら検出を行うクラウド型検出機能を強化した。新たに振る舞い検出のシグネチャやスパム検出のシグネチャを参照するようにしている。従来の振る舞い検出のシグネチャは、一定期間ごとにアップデートされる仕組みだった。しかし、出現頻度の高い偽セキュリティソフトなどの検出が難しい場合があり、クラウド型の仕組みを取り入れることで、対応時間の短縮を図った。なお、ローカル上には精度の高いバージョンのシグネチャを配備しており、オフライン環境での検出にも対応できるとしている。

 製品価格は、カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティの1年3台版および同1年1台ツインパック版が7140円、カスペルスキーアンチウイルス2012のWindows版が4095円、同Mac版が6090円、カスペルスキーモバイルセキュリティ9が2625円となっている。

 製品発表で来日したKaspersky Labのユージン・カスペルスキーCEOは、「個人向けセキュリティソフト市場でのシェアを世界3位に高めることができ、日本でもマルチプラットフォーム対応でシェアを高めたい」と述べた。また、カスペルスキーの加賀山進社長は、ジャストシステムから同社にユーザーサポート業務が移管されたことに触れ、「販売からサポートまでを当社が手掛けることで、将来に渡って日本のユーザーを全面的に支援していく」と表明した。

kaspersky002.jpg 日本でのシェア拡大を狙うユージン・カスペルスキーCEO(右)。イメージキャラクターにはAKB48の峰岸みなみさんを起用した

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -