ニュース
» 2011年09月26日 13時44分 UPDATE

UQ WiMAX障害、原因は高トラフィック時のバグ KDDI田中社長が謝罪

UQ WiMAXの通信障害は、台風接近で増大したアクセスをさばき切れないシステムのバグが原因だったことをKDDIの田中社長が明らかにした。

[ITmedia]

 KDDIの田中孝司社長は9月26日、21〜22日に起きたUQ WiMAXの通信障害は、増大したアクセスをさばき切れないシステムのバグが原因だったことを明らかにし、「ご迷惑をおかけした」と謝罪した。

 通信障害は台風15号が本州に上陸した21日の午後5時45分ごろに発生。東日本エリアで接続できない状態になり、翌日の午後1時に全面復旧を確認するまで約20時間にわたって続いた。

 田中社長によると、台風の接近に伴いアクセスが通常の9倍に増大。「高トラフィック時の輻輳(ふくそう)コントロールが甘く、システムがダウンした」という。いったん復旧した後も、立ち上げた直後にアクセスが一気に集中するためダウンするという繰り返しになり、結果的に障害が長期間に続いたという。バグは現在対処中としている。

 KDDIがこの日発表した「IS series」のスマートフォン6機種のうち、4機種がWiMAXに対応。対応エリアの広さなどから、NTTドコモのLTEサービス「Xi」に十分対抗できると田中社長は自信を見せていた。

関連キーワード

UQ WiMAX | 通信障害 | KDDI | 田中孝司


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -