ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年10月05日 15時30分 UPDATE

Linuxのソースコード管理サイト「kernel.org」が復旧

8月に不正侵入を受けてダウンしていた「kernel.org」サイトが復旧した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 不正侵入を受けてダウンしていたLinuxカーネルのソースコード管理サイト「kernel.org」が復旧した。同サイトに掲載された告知では「これまでにwww.kernel.orgとgit.kernel.orgが復旧した」と説明している。

 Kernel.orgへの不正侵入は8月28日に発覚した。何者かがサーバにroot権限でアクセスしてSSH関連のファイルを改ざんしたほか、システムの起動スクリプトにトロイの木馬が仕込まれて、ユーザーの通信が記録されるなどの被害が発生していた。

 今後はさらに数週間かけてkernel.orgの各種システムを復旧させる予定だという。

 この情報を伝えたセキュリティ企業Sophosは、ブログでkernel.orgの復旧を歓迎するとしながらも、「伝説的にマルウェアに強いとされたLinuxはどこに?」と問い掛けている。

関連キーワード

Linux | 不正アクセス | ソースコード


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.