ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年10月24日 13時09分 UPDATE

日立ソリューションズ、産業医向けの業務支援サービスを開始

産業医や保険医の各種作業を自動化することで、業務効率の改善を支援する「従業員健康管理クラウドサービス」を始める。

[本宮学,ITmedia]

 日立ソリューションズは10月24日、産業医や保険医向けの業務支援サービス「従業員健康管理クラウドサービス」を11月1日に発売すると発表した。

 このサービスは、産業医の業務に必要な各種データベースや帳票データをクラウド上で一元管理するというもの。データ入力/管理手順の一元化によって作業を効率化するほか、面談対象者の抽出や面談スケジュールの設定・通知、帳票出力など、産業医や保険医が行う各種業務を自動化するという。

 サービスの基盤として、同社のクラウドサービス「SecureOnline」を利用した。多くの個人情報が含まれる従業員の健康管理データをクラウド上で分散させて保存することで、情報漏えいのリスクを削減するという。

 導入企業に応じて初期カスタマイズを行うため、サービスを利用できるのは2012年4月からとなる。価格は、基本料金10万5000円/月に加え、ユーザー1人当たり52.5円/月(ともに税込)。初期導入カスタマイズ費用が別途発生する。

photo サービス利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.