ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「健康」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!健康→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で健康関連の質問をチェック

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【中編】:
「会社で夕食」も「帰るまで我慢」も不健康のもと 残業中の小腹を満たす「最強食材」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/21)

くも膜下出血で療養中のSHEILA、47歳の誕生日に笑顔の近影公開 「ボロボロ過ぎでつらい」とリハビリの日々に本音も
がんばってほしい……!(2020/1/16)

全カップ麺で展開へ:
明星食品が「カップ麺=不健康」の払拭狙う? 減塩をサポートする「しおケアカップ」とは
明星食品が「しおケアカップ」を発表した。「明星 チャルメラどんぶり」シリーズや「明星 評判屋」シリーズで2月以降順次導入していく。今後は全カップ麺での展開を予定しているという。消費者の健康志向を後押しするというカップは、どんなカップなのか。(2020/1/16)

「氷上練習再開に向けて少しずつ前に」 体調不良で療養中の女子フィギュア・三原舞依、“振袖姿”で来期復帰向けメッセージ
三原選手「目標に向けて全力で突き進んでいきたいと思います」。(2020/1/15)

「片目と足も動かないし、舌もかなり痛いけどがんばる!」 くも膜下出血で療養中のSHEILA、リハビリ成果で靴ひもを“むすべた!”
ファンからは応援メッセージが届いています。(2020/1/11)

IBM Watsonと連携するロボットで「健康や食」に関するAI人材の教育プログラム――北海道情報大学、2020年度から提供へ
北海道情報大学では、日本IBMとの連携により、「IBM Watson」を活用したAI教育プログラムを開発。ボール紙ロボット「TJBot」を用いて、「健康や食」に関するアドバイスをするロボットの制作も組み入れた。同大学がテーマとする「食の保健機能研究」を基盤に、地域・社会に貢献できるAI人材の育成を目指す。(2020/1/10)

子どもたちからのファンレターにホルモン・ナヲ感涙 「りょうくんへ 早くげんきになってね」「ぼくもドラムをならいたい」
病気療養中の亮君へのスーパーマリオ自作消しゴムのプレゼントも。(2020/1/9)

いつでもLINEで健康相談 オンラインサービス「LINEヘルスケア(β版)」のiOS版が運用開始
これは助かる。(2020/1/8)

LINEで医師に健康相談「LINEヘルスケア」、iOSでもスタート
メッセージアプリ「LINE」を使って医師に健康相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)のiOS版がリリースされた。診療科は内科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科に対応。相談は24時間365日受け付ける。(2020/1/8)

キンタロー。妊婦健診でショック 医師から健康状態にお墨付きも「体重がちょっと……」
今晩は七草がゆにするそうです。(2020/1/7)

Googleさん:
人間の医師を超えるGoogleのAIヘルスケア、その舵取りは?
Googleが元旦に、AI採用の乳がん検診ツールに関する論文を発表。ヘルスケアに本気で取り組む意気込みを見せました。医療機関向け患者データ検索ツールも開発中です。(2020/1/5)

AIがマンモグラムでの乳がん検出確度で人間の医師を上回った──Google論文
Googleのヘルスケア部門Google Healthは、9万人以上の匿名マンモグラムデータで学習させたAIモデルに画像データだけで乳がんのスクリーニングをさせたところ、人間の放射線科医よりも偽陽性・偽陰性率が低かったという研究結果を発表した。(2020/1/4)

「紙巻派」には厳しい結果に?:
20年4月以降の「原則禁煙」で飲食店の売り上げは上がるのか、下がるのか データから読み解く
2020年4月に施行される改正健康増進法。多くの飲食店は「原則禁煙」となり、紙巻たばこを喫煙しながら飲食できる店舗は激減しそうだ。原則禁煙は店舗の売り上げにどう左右するのか、PMJが発表したデータから読み解く。(2019/12/25)

佐川急便がクラウドで運行管理 ドラレコや走行状況、ドライバーの健康情報を集約へ
SGシステムは、複数メーカーのデジタルタコグラフ(デジタコ)に対応するクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」をグループ会社である佐川急便の34営業所に導入する。互換性のない各社のデジタコを一元管理でき、運行管理や安全指導の効率化や強化を図れるという。(2019/12/24)

「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」 くも膜下出血で療養中のSHEILA、7カ月ぶりにインスタ更新
所属事務所が療養することを伝えていました。(2019/12/23)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

LINEで医師に健康相談 「LINEヘルスケア」β版スタート 24時間365日対応
LINEで医師とつながり、健康に関する相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)が登場。当初はAndroid版のみ。(2019/12/19)

健康・医療の「ムーンショット型」研究開発に100億円程度 元年度補正に前倒しへ
政府が近く閣議決定する令和元年度補正予算案で、健康・医療分野の「ムーンショット型」の研究開発などに100億円程度を計上する方向で調整していることが11日、分かった。(2019/12/12)

AWS re:Invent 2019リポート(1):
NFLとAWSがAIで挑む、アメリカンフットボール選手の脳損傷問題
米国で社会問題となってきた、脳損傷をはじめとするアメリカンフットボール選手の健康について、米NFLとAWSは機械学習/AIを活用したシミュレーション/モデリングによる調査研究を共同で行い、これまでとは異なる観点から対策を進めていくことを発表した。具体的には何をやろうとしているのか。(2019/12/10)

味も香りも変わらないのになぜ? JTの加熱式たばこ「Ploom」パッケージリニューアルの理由
JTの「Ploom(プルーム)」シリーズの名称とパッケージデザインがリニューアルする。健康に関する注意文言も新たに登場する。注意文言の表示面積も拡大される。(2019/12/6)

新建材:
ベルギーの高齢者施設が高性能スマート調光ガラス「ヘイリオ」採用
太陽光や外気温に合わせてガラスの色を自由に調節できるスマート調光ガラス「ヘイリオ」が、ベルギーのシニア向け介護施設に採用された。ヘルスケア施設にヘイリオが導入されるのは世界初となる。(2019/12/6)

たばこの買い方、選び方、マーケティング、加熱式たばこの台頭……:
“嫌煙”の時代にJTが考えていること たばこの選び方、マーケティング戦略、加熱式たばこ……商品企画部長に直接あれこれ聞いてみた
健康志向の高まりを受けて“嫌煙”も進む。国内たばこ産業のリーディングカンパニーであるJTはどう考えているのか。喫煙者はどのように自分の吸うたばこを決めているのか。やっぱり安いたばこが人気なのか。加熱式たばこへの考え方は? 商品部長に直接あれこれ聞いてみた(2019/12/6)

オムロンがウェアラブル血圧計を発売 医療機器認証を取得 歩数や睡眠時間の測定も
オムロン ヘルスケアが腕時計サイズのウェアラブル血圧計「HeartGuide」を発売する。動脈を圧迫するカフ(空気袋)の構造を見直し、場所を問わずに手首で血圧を測定できるようにした。(2019/11/29)

未だに「会うことしか考えていない」金融営業を変える お金のデザインが匿名でのお金の相談を始める理由
お金の情報を得るに当たって、現実と理想のギャップが最も大きいのは「特定の業界に属さない中立的な団体から」。つまり、中立的なアドバイスを得たいと思っているのに、実際は商品を販売している金融機関からの情報に頼っているのが現状だ。匿名のまま適切な専門家に相談できる「お金の健康診断」を強化し、日本資産運用基盤と組んで、専門家をサポートするプラットフォームも提供する。(2019/11/28)

ウェアラブルニュース:
オムロンの腕時計型血圧計が日本でも発売、細い腕帯でも医療機器の精度
オムロン ヘルスケアは2019年11月27日、医療機器として薬事認証を取得した腕時計型のウェアラブル血圧計「Heart Guide」を同年12月3日に日本で発売すると発表した。手首で血圧を測るにはカフ(腕帯)に一定の幅が必要だったが、構造を工夫したことで従来の手首式血圧計の半分の幅のカフで正確に測定できる。この手軽さと精度を生かし、1日の中での血圧の変動を把握できるようにする。(2019/11/28)

モビリティサービス:
通院や往診が難しい地域に「医療MaaS」でオンライン診療、フィリップスとMONET
フィリップス・ジャパンは2019年11月26日、長野県伊那市において、同年12月から医療MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の実証事業を行うと発表した。看護師と各種医療機器を乗せた「ヘルスケアモビリティ」が患者宅を訪問し、医師が遠隔からオンラインで診療できるようにする。実証事業の期間は2021年3月末までで、フィリップス・ジャパンは伊那市やMONET Technologiesと協力して取り組む。(2019/11/27)

「みなさん『睡眠』って知ってますか?」 漫画家がオススメする健康法の漫画に実践希望続出
頑張りすぎてる人に教えてあげたい。(2019/11/22)

医療機器ニュース:
低被ばく、高速ワークフロー、高画質に特化したPET/CTシステムを発売
GEヘルスケア・ジャパンは、低被ばく、高速ワークフロー、高画質に特化した新機能を搭載するPET/CTシステム「Discovery IQ 2.0」シリーズを発売した。再構成アルゴリズム「Advanced MotionFree」などを搭載する。(2019/11/15)

失業率が上がる→腰痛の人が増える 1%上がると77万人増、女性はより影響 東北大が発表
地域の経済的要因が健康に影響を及ぼすケースの1つでしょうか。(2019/11/13)

「喫煙NO!」で岐路に立つ喫茶店
 来年の東京五輪を前に、全国で受動喫煙への規制が強まっている。来年4月には多くの人が集まる場所を原則禁煙とした「改正健康増進法」も施行され、各地の自治体では規制を厳しくする独自条例を続々制定しているが、業界団体が反発を強めているところも依然ある。条例制定の動きが出ている岡山もそうした対立が表面化している地域だ。(2019/11/11)

増えるフリーランス人口:
フリーランスにも「所得補償」や「健康診断」を IT人材エージェント各社がサービスを充実
雇用制度の変容により、増加しているフリーランス人口。ランサーズの調査では、2015年から2018年にかけてフリーランス人口が22.6%増の1119万人まで増えている。一方で、フリーランスが困っているのが「収入」と「社会保障」だ。従来は案件の提供をメインに行っていたエージェントでも、こうした背景を受けて福利厚生を充実させつつある。(2019/11/11)

川栄李奈が第1子出産を報告、小さな手を包む母子ショット公開 竹内涼真、綾野剛、浜辺美波らが祝福メッセージ
母子ともに健康でなにより。(2019/11/9)

医療機器ニュース:
AI技術で最適なポジショニングを自動計算するCT装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、AI技術を活用したCT装置「Revolution Maxima」を発売した。最新のディープラーニング機能を搭載し、それぞれの患者に適したポジショニングを自動計算する。(2019/11/5)

医療機器ニュース:
気軽に糖代謝状態を推定できるデバイスが、CEATEC AWARD 2019を受賞
京セラが新しく開発したヘルスケアデバイス「糖質ダイエットモニタ」が、「CEATEC AWARD 2019」スマートX部門の準グランプリを受賞した。気軽に糖代謝状態が推定できる同デバイスの利用が広がることで、生活習慣病の予防や医療費削減につながる。(2019/10/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダのEVは何が新しいのか?(後編)
「MX-30は魂動デザインなのか?」。答えはYesだが、第7世代の陰影デザインは、MX-30には緊張感がありすぎる。そこでさらに「陰影」自体も取り去った。そこに残ったのは優しくて健全なある種の健康優良児のような姿だった。(2019/10/29)

患者のモチベーションが課題
患者が病院による「遠隔モニタリング」を使いたがらない2つの理由
患者の遠隔モニタリングにより、医療機関は診察以外の時間も患者の健康状態を把握することができる。普及が進む一方で、患者と医療従事者の受け入れ方には課題が残る。(2019/10/24)

Oracle CEO、マーク・ハード氏死去
病気療養中だったOracleのCEO、マーク・ハード氏が10月18日朝、亡くなった。(2019/10/19)

金銭面、健康面…… 将来への不安はあっても、約2割が「何も対処しない」
これは辛い結果だ……。(2019/10/17)

ストレスによる健康リスクが高い業種ランキング、1位は?
ストレスチェック会社のHRデータラボは、ストレスの実態に関する調査結果を発表した。3万118人のデータを分析したところ、健康リスクが高い業種は……?(2019/10/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
髪の毛1本で病気を発見? 日本発「毛髪診断」が秘める可能性
健康診断には痛みや不快感が伴うことも少なくないが、その概念を変えるかもしれないプロジェクトが日本で進んでいる。「毛髪」の細胞から入手する健康データを分析する取り組みだ。私たちもこの研究に参加できる。日本発の技術が世界を驚かせるかもしれない。(2019/10/10)

国立がん研究センターなど病院に広がる「Azure」「Teams」 日本マイクロソフト、医療業界へのクラウド普及に自信
日本マイクロソフトが、ヘルスケア領域におけるクラウドサービスの導入事例を公表。がん手術の動画を「Azure」に集約している国立がん研究センターの例などを紹介した。同社は18〜20年の3年間で、ヘルスケア業界全体のクラウド利用率を4割から7割に引き上げるなどの目標を掲げており、進捗(しんちょく)は順調という。(2019/10/9)

「赤身肉と加工肉の削減に健康効果ほぼない」 加大学の調査研究の結果が賛否を呼ぶ
適度な加工肉の摂取は健康を害さない可能性を提示。(2019/10/9)

ヤフーが社食に「揚げ物税」導入 揚げ物を値上げして社員の健康増進
揚げ物の値上げ分で魚料理を値下げします。(2019/10/8)

医療機器ニュース:
労働生産性の向上に向けて、社員の肩こり対策の実証研究を開始
オムロン ヘルスケアとバックテックは、低周波治療器「HV-F013」と肩こり・腰痛対策サービス「ポケットセラピスト」を使用した実証研究に向け、導入効果検証を希望する協力企業の募集を開始した。(2019/10/8)

【経済インサイド】売り上げ健闘のペットボトル紅茶 理由は冷夏だけじゃない
 国内ペットボトル飲料市場で今夏、ちょっとした異変が起きた。気温が上がる夏場に販売数量が落ちるミルクティーを筆頭に、ストレートティーやフルーツティーなど、ペットボトル紅茶が健闘したのだ。その背景にあったのは、大人世代の健康志向に寄り添う味づくりと、暑さが長続きしなかった夏の不調、そして国内を席巻する“アイツ”の存在とみられている。(2019/10/1)

プロジェクト:
吹田市“健都”内アライアンス棟の整備・運営で、JR西日本不動産開発や大林組ら交渉権者に
吹田市が「健康・医療」の街づくりを進める健都で、アライアンス棟の施工予定者に大林組が選定された。同棟は、賃貸ラボ・オフィス、シェアラボ、クラスタ交流施設などの複合施設となる見通しで、2022年春の竣工を目指し、2020年冬に工事着手する。(2019/9/27)

【100歳時代プロジェクト】ネット活用「遠隔共食」 健康長寿阻む「孤食」解消へ
多くの人が100歳まで生きられるようになりつつある現在、さまざまな理由により、高齢者が独りで食事をする「孤食」が健康長寿の阻害要因と指摘されている。(2019/9/26)

視点:
デジタル化時代のヘルスケア企業の長期ビジョンと中期経営計画
中長期のヘルスケア業界を形作る4つのキートレンドを組み込んだ上で、デジタル技術をいかに取り込んでいくかを明確にする必要がある。(2019/9/25)

タニタがオリジナル「タニタ体操」を法人向けにサービス開始 オフィスワーカーの健康づくりエクササイズ
ラジオ体操のように、軽快な音楽に合わせて行う短時間エクササイズです。(2019/9/19)

空前のフィットネスブーム 業態多様化トラブル増
健康志向の高まりや来年に東京五輪・パラリンピックを控え、フィットネスブームに沸いている。市場規模は過去最高を更新し続け、平成29年には4610億円に。業態の多様化がブームを後押しするが、解約などをめぐるトラブルも目立つようになっている。(2019/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。