ニュース
» 2011年11月10日 07時32分 UPDATE

Apple、Mac OS XのJavaアップデートを公開

アップデートではMac OS Xに組み込まれているJava SE 6を最新版に更新し、深刻な脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは、Mac OS X向けのJavaのアップデートを11月8日(米国時間)付で公開した。

 同社のセキュリティ情報によると、「Java for Mac OS X 10.7 Update 1」はMac OS X v10.7.2(Lion)が対象、「Java for Mac OS X 10.6 Update 6」はMac OS X v10.6.8(Snow Leopard)が対象となる。

 いずれもMac OS Xに組み込まれているJava SE 6を、1.6.0_26から最新バージョンの1.6.0_29へと更新した。1.6.0_26には多数の脆弱性があり、深刻なものでは信頼できないJavaアプレットを使って任意のコードを実行される恐れがあった。

 アップデートはMac OS Xのソフトウェア・アップデート経由、またはAppleのダウンロードサイトから入手できる。

関連キーワード

Mac OS X | Lion(Mac OS X v10.7) | Apple | 脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -