ニュース
» 2011年11月15日 16時22分 UPDATE

今度は4倍:国産スパコン「京」 2期連続で世界最速に

京速コンピュータ「京」がTOP500で2期連続の世界最速に。2位となった中国の天河1A号に対しては演算回数で約4倍となった。

[ITmedia]

 富士通は11月14日、理化学研究所と共同で開発している京速コンピュータ「京(けい)」がスーパーコンピュータの速度を認定する第38回TOP500リストにおいて世界最高速を記録したと発表した。前回に引き続き、2期連続の1位獲得だ。

 TOP500におけるベンチマークプログラム「LINPACK」が示した京の演算回数は1万510テラフロップスで、その実行効率93.2%。2位を記録した中国の天河1A号は2566テラフロップスであるため、演算回数で約4倍の差を付けての首位となった。

kei.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -