ニュース
» 2012年03月06日 22時06分 UPDATE

NFCで次世代電子マネー ビットワレット、KDDI、DNPが共同開発

「Edy」のビットワレットとKDDI、大日本印刷の3社がNFCを活用した次世代電子マネーシステムを開発。

[ITmedia]

 電子マネー「Edy」を運営するビットワレット、KDDI、大日本印刷(DNP)の3社は3月6日、NFCを活用した次世代電子マネーシステムを開発したと発表した。スマートフォンへの搭載が可能で、共同で事業展開を検討していく。

 共同開発したのは、NFCのTypeAプロトコルを使ったサーバ管理型電子マネーシステムのプロトタイプ。スマートフォンへの実装が可能で、日本に比べ電子マネーサービスが発展途上にある海外での普及に弾みがつくとしている。

 サーバ管理型としたことで加盟店の端末コスト削減や運用負担軽減が見込めるほか、購入客にリアルタイムでポイントを付与したり、クーポンを発行するといったことが可能という。

 ビットワレットはシステムの開発を、KDDIはスマートフォンへの搭載を、DNPはNFCカードの発行などを担当し、技術検証を実施して実用性を確認したという。KDDIは楽天との業務提携に基づき、楽天傘下のビットワレットと共同で新規事業拡大を検討していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -