ニュース
» 2012年06月05日 11時00分 UPDATE

レノボ、“最薄・最軽量”の14インチUltrabook「ThinkPad X1 Carbon」を国内投入

最薄・最軽量という14インチ液晶ディスプレイ搭載のUltrabook「ThinkPad X1 Carbon」をレノボ・ジャパンが国内でも発売へ。

[本宮学,ITmedia]
photo ThinkPad X1 Carbonを手に説明する田保氏

 レノボ・ジャパンはThinkPadシリーズの新製品として、米IntelのUltrabook規格に準拠した薄型軽量ノートPC「ThinkPad X1 Carbon」を国内でも販売すると発表した。日本での発売時期・価格はともに未定だが、米国では今夏発売する見込み。

 14インチのアンチグレア液晶ディスプレイ(1600×900ピクセル)を搭載し、重量は約1.3キロ台になる予定。同社公式サイト(英語)によれば「世界で最も薄く、最も軽量な14インチのUltrabook」としている。

 素材として「特殊なカーボンファイバー」(製品担当の田保光雄氏)を採用。薄型・軽量化を図りつつ「従来のThinkPadが持っていた堅牢性や使いやすさをそのまま実現した」という。

photo 「ThinkPad初のUltrabook」としているが、今年1月に発表したUltabook「ThinkPad T430u」よりも出荷時期が早くなるということだろうか

 公式サイトによれば3G通信に対応するほか、35分間で80%の急速充電を可能にする「RapidCharge」機能も搭載している。「まだ開発途中」(田保氏)のため、詳細は追って明らかになる予定だ。

関連キーワード

ThinkPad | レノボ | Ultrabook | ThinkPad X | 日本 | 最軽量 | 新製品


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -