ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「最軽量」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最軽量」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

最軽量構成は1kg切り! Core H35×フルカーボンボディーの「VAIO Z」が3月5日登場 直販税込み26万700円から
約4年ぶりに「VAIO Z」の新モデルが登場する。Intelの第11世代Core H35プロセッサ(Tiger Lake)を搭載するハイスペックモデルながら、ボディーのほぼ全てをカーボン素材とすることで1kgを切ることに成功したことが特徴だ。(2021/2/18)

CES 2021:
HPがモバイルノートPC「Elite Dragonfly」の新モデルを発表 最軽量構成は1kg切り 米国では1月に発売
HPの13.3型モバイルノートPC「Elte Dragonfly」の第2世代を発表。よりパワフルな第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載しつつも、最軽量構成で989g以下(予定)の重量を実現した。Webカメラなどを強化した上位モデルも投入される。(2021/1/11)

5G対応オプションもあり:
最軽量構成は約907g 13型モバイルノートPC「ThinkPad X1 Nano」日本上陸 Tiger Lake(UP4)搭載で税別26万円から
9月にグローバル発表された1kg切りのThinkPadが、日本における受注を開始する。従来の超省電力プロセッサに相当する「UP4」フォームファクタを採用しつつも、放熱機構に工夫を凝らすことで「UP3」フォームファクタ並みのパフォーマンスを発揮できるという。(2020/12/8)

軽量モバイルノートPC「FMV LIFEBOOK UH-X/E3」は約638g→約634g 世界最軽量記録更新(メーカー調べ)
富士通クライアントコンピューティングの軽量モバイルノートPCが、その軽量記録を更新。従来モデルよりも約60g軽くなったという。(2020/10/19)

実機写真を交えて紹介:
新型「FMV LIFEBOOK UH」は自ら最軽量モデルの世界記録を更新 直販では「5G」「32GBメモリ」も用意
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の軽量モバイルノートPCがモデルチェンジ。第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)搭載モデルと第3世代Ryzen Mobileプロセッサ搭載モデルが用意され、前者には世界最軽量を更新したものも用意したという。(2020/10/19)

Tiger Lake搭載で最軽量構成は966g――Lenovoが13.3型モバイルノートPC「Yoga Slim 7i Carbon」発表 16:10液晶搭載
Lenovoが、Yogaブランドから1kgを切るモバイルノートPCを発売する。新しいカーボン素材を採用することで軽量化と丈夫さの向上を両立し、ビジネス利用に最適な16:10液晶ディスプレイも搭載した。(2020/10/12)

5Gモデルも用意:
1kg切りの新フラグシップモバイル「ThinkPad X1 Nano」誕生 Tiger Lakeを搭載して2020年第4半期に登場
ThinkPadのフラグシップ「ThinkPad X1シリーズ」に、新たなモバイルPCが登場する。最軽量構成では約907gと、ThinkPadとしては最も軽いモデルで、一部ユーザーには待望の「16:10液晶」も搭載される。5G通信対応モデルも用意される。【訂正】(2020/9/29)

CAEニュース:
CAE技術で約22%軽量化、アサヒビールが取っ手付き4リットルペットボトルを開発
アサヒビールは、業界最軽量となる取っ手付き4リットルペットボトルを開発した。環境に配慮したパッケージ開発の一環として、プラスチック樹脂をこれまでの容器より1本当たり31.5g削減し、約22%軽量化している。(2020/9/28)

ソニー、コンパクトなフルサイズミラーレス「α7C」発表 光学式ボディ内手ブレ補正付きで「世界最小・最軽量」
フルサイズセンサーと光学式ボディ内手ブレ補正機構を持つデジタル一眼カメラとして「世界最小・最軽量」をうたう「α7C」をソニーが発表。ボディは実売21万円前後で10月23日に発売。(2020/9/15)

LenovoがゲーミングノートPC「Legion Slim 7i」を発表 GeForce RTX搭載モデルとしては世界最軽量(自社調べ)
Lenovoのゲーミングブランド「Legion(レギオン)」から、新しいノートPCが登場した。GeForce RTX 2060 with Max-Q Designを搭載する構成は「世界で一番軽量なGeFocrce RTX搭載ゲーミングノートPC」を自称する。(2020/8/31)

ウェアラブルニュース:
薄型軽量の両眼視タイプスマートグラス、重量49gは世界最軽量
リコーは、薄型で49gと軽量な両眼視タイプのスマートグラスを開発した。1m先に約30インチの画面を表示できる広い視野角を有している。(2020/8/31)

シャープが「AQUOS zero2」「AQUOS R3」をインドネシアで発売
シャープは、世界最軽量をうたうAndroidスマートフォン「AQUOS zero2」を、インドネシアにて発売した。あわせて「AQUOS R3」も7月上旬に発売する。両機種ともSharp Electronics Indonesiaの直営店や、携帯電話販売チェーン店、オンラインストアなどを通じて販売する。(2020/6/10)

14型で約870gのビジネスPC:
ASUS本気の新世代軽量モバイルPC「ASUS ExpertBook B9450」の実力を検証!
ASUSTeKからビジネスユーザー向けの「ASUS ExpertBook B9450」が登場した。14型と大きめの画面と最軽量時870gという超軽量ボディーを両立している点が特徴だ。その実力を早速検証しよう。(2020/5/18)

新色も4月に追加:
楽天モバイルが超小型eSIMスマホ「Rakuten Mini」を先行発売 全国6店舗で
楽天モバイルのオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」が、全国6店舗の楽天モバイルショップで先行販売されている。おサイフケータイが使えるスマホとしては世界最小かつ最軽量(自社調べ)で、eSIM専用端末であることも特徴だ。(2020/1/23)

組み込み開発ニュース:
名刺2枚分のスペースに設置できる超小型・軽量設計の組み込み用PC
コンテックは組み込み用PC「ボックスコンピュータBX-U200シリーズ」を発売した。「最小・最軽量」をうたう新シリーズで、設置面積は名刺2枚程度である。(2020/1/21)

太陽光:
世界最軽量級の太陽光パワコン、富士電機が自家消費向けに新発売
富士電機は、自家消費用途に適した世界最軽量をうたう太陽光発電用パワーコンディショナーの販売を開始した。(2019/11/26)

デビット社長や企画チームに技術陣が倍返し!? :
殿、無理でござる。「いや、なせばなる」――「LAVIE Pro Mobile」誕生秘話
「最軽量だけ目指すのは意味がない、要は全てのバランスだ」。1つのPCが世に出るまで、さまざまな社内チームの意見がぶつかり合う。NECパーソナルコンピュータの開発陣が、自社のモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」の誕生過程を振り返った。(2019/11/26)

日本で世界初披露:
最軽量構成は999g――13.3型2in1「HP Elite Dragonfly」登場 日本では11月下旬発売
HPが新しい13.3型2in1ノートPCを日本で世界初披露。本体重量を抑えつつ、丈夫さや処理能力の高さにも配慮した「働き方改革」を支援するモデルとなっている。(2019/9/18)

ガーミン、シリーズ最軽量のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を8月1日に発売
ガーミンジャパンは、8月1日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を発売。32〜36gという軽量モデルで、トレーニング機能や健康管理をサポートする機能も充実している。価格は2万4800円(税別)で、計4色をそろえた。(2019/7/18)

その他UHシリーズもアップデート:
13.3型で世界最軽量のペン内蔵2in1「LIFEBOOK UH95」登場 868gで23万円弱
富士通クライアントコンピューティングの軽量モバイルノートPC「LIFEBOOK UH」シリーズの2019年夏モデルが登場。注目は、13.3型のペン内蔵2in1として世界最軽量の「LIFEBOOK UH95」だ。(2019/7/10)

1円玉より軽い昆虫型ドローン、太陽光発電で単独飛行実現 昆虫の推力効率に匹敵
電力から得られる推力の効率はハナバチなどの昆虫に匹敵。研究チームは「持続的に単独飛行できる飛行ロボットとしては世界最軽量だ」と話している。(2019/7/1)

「世界最軽量」よりも「バランス」――LAVIE Pro Mobileの新たなる挑戦
「世界最軽量」を追い求めてきたNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズ。その後継である「LAVIE Pro Mobile」では、その看板をあえて掲げていない。その背景には何があるのだろうか。(2019/5/15)

スマートウォッチ「wena wrist」にレトロ&シャープな新型ヘッド2モデルが登場
ソニーは、スマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」シリーズの新型ヘッド2モデルを追加。60年代風のテイストを取り入れた柔らかな印象の「Three Hands Retro」、シリーズ最軽量&最薄を実現した「Chronograph Classic」をそろえる。(2019/5/14)

富士通が法人向けノートPCとタブレットの新モデルを発表 13.3型コンパーチブル世界最軽量モデルなど計7機種
富士通が法人向けノートPCとタブレットの新モデルを発表。13.3型のペン内蔵コンパーチブル(2in1)PCとして世界最軽量のモデルなど、7機種が登場する。(2019/5/8)

エイサー、15.6型で1kgを切るスリムノートPC「Swift 5」など3製品を発表
日本エイサーは、世界最軽量をうたったスリムノートPC「Swift 5」など計3製品を発表した。(2019/3/5)

メモリ使用効率の改善などに貢献:
ACCESS、世界最薄・最軽量のカードケータイ「KY-01L」にブラウザ技術を提供
ACCESSは、カードケータイ「KY-01L」(製造:京セラ)に搭載されるインターネット閲覧機能「ウェブ」アプリ向けに、同社のブラウザ技術を提供したことを発表した。(2018/11/27)

13.3型モバイルノートPC「FMV LIFEBOOK UH」に2018年秋モデル 約698gで世界最軽量記録を自ら更新
富士通クライアントコンピューティングの13.3型モバイルノートPCに2018年秋モデルが登場する。基板設計を見直し、最軽量構成では自社の持つ世界最軽量記録を更新する“約698g”を実現した。(2018/11/6)

ALIENWARE史上最軽量の15型ノートPC「m15」と第9世代Coreを搭載した「AURORA」が登場
ALIENWAREが年末商戦期向けの新製品として、第9世代Coreを採用したデスクトップPCと15型ゲーミングノートPCを発表。m15はALIANWAREの現行ラインアップで最軽量のモデルだ。(2018/10/23)

約20年ぶりの京セラ製:
4Gケータイで“世界最薄・最軽量”「カードケータイ KY-01L」見参 11月下旬発売予定
NTTドコモが約20年ぶりとなる京セラ製携帯電話を発売する。電子ペーパーを搭載するカード型で、VoLTE通話にも対応する。(2018/10/17)

材料技術:
業界最軽量のスチール缶を東洋製罐と新日鐵住金が開発、ダイドードリンコが採用
東洋製罐と新日鐵住金は「業界最軽量」(両社)というスチール缶を共同開発したと発表した。2018年5月からダイドードリンコのコーヒー製品に採用されて市場に流通している。(2018/8/13)

指紋認証を初搭載! シリーズ最軽量の「mova F505i」(懐かしのケータイ)
国内で初めて、指紋認証センサーを搭載してセキュリティ機能の強化を図った「mova F505i」。動画撮影にも対応したメガピクセルカメラなどを搭載しつつ、505iシリーズでは最軽量を実現しました。(2018/8/12)

新タブレット「Surface Go」発表 シリーズ史上、最薄最軽量 399ドルから
米Microsoftは7月9日(現地時間)、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品、「Surface Go」を同社公式ブログで公開した。(2018/7/10)

紙のメモをスマホに同期できる「Neo smartpen」、シリーズ最細・最軽量の「M1」登場
NeoLABは、6月8日に世界最細・最軽量の光学式スマートペン「Neo smartpen」の新シリーズ「Neo smartpen M1」を販売開始。一般のペンと同程度のサイズに既存の機能を集約・搭載し、好み応じて選べるカラーバリエーションを用意している。(2018/6/13)

iモードケータイ最軽量の59gを実現! 「mova P210i」(懐かしのケータイ)
モノクロ液晶からカラー液晶にスペックアップしながらも最軽量記録を更新した「mova P210i」。世界最小ケータイとして登場したpreminiでもその記録を塗り替えることはできず、iモードケータイ史上最軽量モデルの座を守り続けました。(2018/4/28)

国内最小・最軽量! お財布に入るカードサイズのSIMフリー携帯電話「NichePhone-S」がニッチすぎてステキ
最低限あればいい。(2017/11/8)

富士通がVRヘッドマウントディスプレイを投入 世界最軽量748gの13.3型ノートも登場
富士通が個人向けPCの新モデルを発表。「Windows Mixed Reality」に対応したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)や、世界最軽量の記録を塗り替える新「UH」シリーズなどを投入する。(2017/10/17)

IFA 2017:
“6型最軽量”の新フラグシップ「LG V30」を実際に触ってみた 予想以上にコンパクト!
韓国LG ElectronicsがIFA 2017に先駆けて発表した新フラグシップ「LG V30」実機のハンズオンレポートをお届けする。(2017/9/6)

LGの新フラグシップ「V30」は“6型で最軽量”のOLED狭額縁端末
LG Electronicsが新フラッグシップ「V30」を発表した。狭額縁の角丸OELDディスプレイは6型だがV20より数mm小さくなり、このサイズでは“最軽量”としている。デュアルのアウトカメラはスマートフォンとして最も明るいF1.6レンズを採用した。(2017/9/3)

安川電機 MotoMINI:
「業界最小・最軽量」の6軸多関節ロボット、加工機への組み込みも可能
6軸多関節ロボットで「業界最小・最軽量」をうたう「MotoMINI」を安川電機が販売開始した。本体重量は約7kgと無理なく持ち運べ、設置面積も小さい。(2017/7/4)

新型「Surface Pro」発表 歴代最高スペック最軽量、LTEモデルも登場
製品名からナンバリングを廃止して、新しい「Surface Pro」となった。(2017/5/23)

「紙のように読み書きできる」 世界最薄・最軽量のA4電子ペーパー端末、ソニーが発売
新規開発のノンスリップパネルを採用し、より紙に近い書き心地を実現したという。(2017/4/11)

蓄電・発電機器:
住宅用の蓄電池、空気清浄機並みに小型化
オムロンは戸建住宅や小規模産業施設向け蓄電池システムの新製品を発表した。2017年夏から販売を開始する。蓄電池容量は6.5kWh(キロワット時)で、「世界最小最軽量クラス」(同社)であることが特徴だ。(2017/3/17)

世界最軽量に返り咲き? 富士通の13.3型ノートPC「実は761gでした」
富士通とNECのノートPC世界最軽量合戦にはまだ続きがあった。(2017/2/23)

2017年PC/タブレット春モデル:
新設計でより軽くなった13.3型に注目――「LAVIE Hybrid ZERO」2017年春モデル登場
超軽量ノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の2017年春モデルが3月2日に登場する。フルモデルチェンジを果たした13.3型モデルは、同じ画面サイズの2in1 PCとしては世界最軽量の約769gを実現。また、11.6型のデタッチャブルモデルについてもマイナーチェンジを実施する。(2017/2/7)

これがタブレットモバイルPCの理想型:
PR:ビジネススタイルをスマートに変えるレッツノート初のデタッチャブル2in1「CF-XZ6」
パナソニックから世界最軽量(※)の着脱式タブレットモバイルが登場。ビジネススタイルを変革する可能性を秘めた注目のモデルだ。(2017/2/6)

世界最軽量の12型タブレットモバイルPC「Let'snote CF-XZ6」 レッツノート史上初の着脱式2in1
レッツノート史上初の着脱式2in1で目指したのは、ノートPCとして妥協のない操作性。着脱式でSZと同等のキーボードユニットを採用し、重量は約1019g。(2017/1/12)

川崎重工 ロボットコントローラー Fシリーズ:
小型ロボットコンローラー「業界最小最軽量」
川崎重工はロボット専用コントローラーの新製品「Fシリーズ」を販売開始した。小型ながらも最大8軸の制御で、19インチラックに入る小型化を実現した。(2016/12/13)

LGエレ、1kgを切る軽量薄型15.6型ノート「LG gram」
LGエレクトロニクス・ジャパンは、世界最軽量をうたった15.6型ノートPC「LG gram」を発表した。(2016/9/9)

シリーズ最薄最軽量の「Kindle Oasis」発売 バッテリー内蔵カバーで数カ月動作
Kindle史上で最薄最軽量ボディーを採用した最上位モデル「Kindle Oasis」発表。予約受付を開始し、4月27日に発売する。価格は3万5980円(税込)から。(2016/4/14)

Kindle史上最薄・最軽量「Kindle Oasis」は何がすごい? 従来機種との違いをチェック
「Kindle」の最上位モデル「Kindle Oasis」は、従来機種「Paperwhite」「Voyage」とどう違うのか。サイズや機能を比較してみよう。(2016/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。