ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モバイルPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ノートPC→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でノートPC関連の質問をチェック

AMDとIntel合体の“Kaby Lake-G”搭載モバイルPC「G-Tune P3」を速攻チェック
マウスコンピューターが、AMD製GPU機能を内蔵する“Kaby Lake-G”搭載のモバイルPC「G-Tune P3」の販売を開始した。気になる概要を見ていこう。(2019/11/15)

PR:高性能でコンパクト! 飛行機・新幹線の狭いテーブルの上でも使える新型「レッツノートQV」シリーズでテレワークが加速する
パナソニックのビジネスモバイルPC「Let's note」(レッツノート)の最新2in1 PCが「QV」シリーズだ。パワフルな性能を備えながら、飛行機や新幹線などの小型テーブルに置いてもゆとりをもって作業できるコンパクトさが際立つ。新モデルの特徴を見ていこう。(2019/10/18)

15.6型ノート「FMV LIFEBOOK AH」に新モデル 最上位「AH-X」は有機ELディスプレイに
富士通クライアントコンピューティングの個人向け15.6型ノートPCがモデルチェンジ。注目は、「UH」(モバイルノート)と「FH」(ディスプレイ一体型デスクトップ)に次ぐフラグシップモデル“X”(テン)を用意したことだ。(2019/10/15)

NEC、16時間駆動に対応した直販専用13.3型モバイルノート「LAVIE Direct PM(X)」など2製品
NECパーソナルコンピュータは、2019年秋冬モデルの13.3型モバイルノートPC「LAVIE Direct PM(X)」など計2製品を発表した。(2019/10/1)

パナソニック、高解像度12型液晶を内蔵した2in1モバイルノート「CF-QV8」など4機種
パナソニックは、第8世代Coreプロセッサを搭載した12型2in1モバイルノート「CF-QV8」など計4機種の発表を行った。(2019/9/24)

モバイルPCでどこまでゲームができる?:
新型「ZenBoook 14」はゲーミングPCの夢を見るか?
ASUS JAPANの14型モバイルPC「ZenBook 14」がモデルチェンジし、CPUやGPUが強化された。新たなGPUの搭載により、モバイル環境でのゲーミング体験はどこまで変わるのだろうか。(2019/9/24)

モバイルdynabookに新製品 15.6型「Zシリーズ」と13.3型「Sシリーズ」
DynabookのモバイルノートPCに新製品が登場する。15.6型の大画面ながらモビリティを追求した「Zシリーズ」と、よりカジュアルに持ち運べることを重視した13.3型の「Sシリーズ」の2シリーズが新たなラインアップに加わる。(2019/9/10)

PR:Windows 10時代のモバイルPC「HUAWEI MateBook 13」でストレスフリーな生活を送ろう!
消費税の増税や2020年1月のWindows 7延長サポート終了、さらに働き方改革といった社会的な流れの中で、PCの買い替え/買い増し需要が増えている。本格的なWindows 10時代を迎え、ストレスなく快適に利用できる条件を洗い出し、お勧めの1台を見つけよう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/9/10)

PR:デザイン×機動性×生産性の三位一体! NEC「VersaPro UltraLite タイプVG/VH」でワークスタイル変革
「働き方改革」が叫ばれる昨今、いつでもどこでも仕事がこなせる「テレワーク」に注目が集まっています。テレワークに適したツールの1つがモバイルノートPC。今回は、テレワークに便利な機能を備えたNECの「VersaPro UltraLite タイプVG/VH」をご紹介します。(2019/9/6)

ウルトラモバイルPCなどに最適:
東芝メモリ、新型リムーバブルメモリデバイス開発
東芝メモリは、ウルトラモバイルPCなどに向けた、新しいリムーバブルPCIe/NVMeメモリデバイス「XFMEXPRESS」を開発した。(2019/8/8)

「PC-8001」40周年を記念したLAVIE Pro Mobileの特別モデルが登場 ラズパイベースのゲーム付きミニPC-8001も登場
NECパーソナルコンピュータのモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」特別モデルが登場。同社の事業の源流となる「PC-8001」をモチーフとしたカラーをまとい、当時の「NEC」ロゴをあしらっている。合わせて、PC-8001のプログラムを稼働できるミニチュアモデルを製作。一定の条件でプレゼントする。(2019/8/5)

計11モデル投入:
Intelがモバイル向け「第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)」のラインアップを発表
「第10世代Coreプロセッサ」のモバイル向けラインアップが発表された。予定通り、2019年年末には搭載するモバイルPCも登場する見通しだ。(2019/8/1)

スマート工場最前線:
スマート化するパナソニック神戸工場――設備がつながり、双腕ロボットが働く
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は、ビジネスモバイルPC「Let's note」やフィールドモバイルPC「TOUGHBOOK」の生産拠点である神戸工場を報道陣に公開し、スマートファクトリー化に向けた最新の取り組みを披露した。(2019/7/19)

ファンレス設計です:
家族で使うモバイルPC「LIFEBOOK MH」見参 モダンスタンバイ対応でクラムシェルと2in1を用意
FMVのノートPCに、家族で使うことをコンセプトにしたモバイルが登場する。スマートフォン感覚で使えるように「モダンスタンバイ」に対応した他、超低消費電力の「Yプロセッサ」を用いることでファンレス設計とした。【訂正】(2019/7/10)

その他UHシリーズもアップデート:
13.3型で世界最軽量のペン内蔵2in1「LIFEBOOK UH95」登場 868gで23万円弱
富士通クライアントコンピューティングの軽量モバイルノートPC「LIFEBOOK UH」シリーズの2019年夏モデルが登場。注目は、13.3型のペン内蔵2in1として世界最軽量の「LIFEBOOK UH95」だ。(2019/7/10)

VAIO、900グラムを切る12.5型モバイルPCなど新製品 「販売の約72%が法人」 働き方改革による需要増に期待
VAIOが12.5型ノートPCや、VAIO設立5周年記念モデル、コミュニケーションロボットなどの新製品を発表した。(2019/7/9)

エプソンダイレクト、10時間駆動に対応した狭額縁デザインの13.3型モバイルノート
エプソンダイレクトは、13.3型フルHD液晶搭載モバイルノートPC「Endeavor NA520E」の販売を開始する。(2019/7/9)

900g切りのボディーに12.5型ディスプレイとフルサイズキーボード――VAIO SX12「勝色特別仕様」をじっくり試す
VAIOが新たに投入する12.5型モバイルノートPC「VAIO SX12」には、同社の創立5周年を記念する「勝色特別仕様」が用意されている。今回は、この特別仕様の試作機を用いて、VAIO SX12のポテンシャルをチェックしていく。(2019/7/9)

「勝色」や「ALL BLACK」もあります:
12.5型モバイルノートPC「VAIO SX12」誕生 11型サイズでフルサイズキーボード搭載
VAIOから新しいモバイルノートPCが登場。現行の「VAIO S11」とほぼ同一のサイズ感で、より大きな12.5型ディスプレイを搭載。キーボードをボディー端まで拡張したことで、より快適なタイピングも実現した。特別仕様は「ALL BLACK EDITION」と「勝色特別仕様」の2種類を用意している。(2019/7/9)

Dynabook、薄型軽量の法人向け13.3型モバイルノート「dynabook S73」 法人ノート12製品も同時投入
Dynabookは、堅牢設計の13.3型モバイルノートPC「dynabook S73」など法人向けノートPC計13製品を発表した。(2019/7/8)

リンクスが6型モバイルPC「GPD MicroPC」を取り扱い 家電量販店などで販売開始
リンクスインターナショナルは、GPD製6型モバイルPC「GPD MicroPC」の取り扱いを発表した。(2019/6/27)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPadOS」で今度こそ“iPadがモバイルPC代わり”になるか PCユーザー視点からβ版を試して分かったこと
2019年秋のリリースに向け、「iPadOS」のパブリックβが登場。仕事ではタブレットではなくパソコンを使い続けてきた筆者の視点から、「12.9インチiPad Pro」にiPadOSのβ版をインストールし、ノートパソコン代わりに使ってみたインプレッションをお届けする。(2019/6/26)

テックワン、Celeron搭載の7型モバイルPC「OneMix 1S」先行予約を開始 100台限定で税込み4万9800円
テックワンは、One-Netbook製7型モバイルノートPC「OneMix 1S」の取り扱いを発表した。(2019/6/24)

マウス、薄型軽量のマグネシウム合金筐体を採用した14型モバイルノート
マウスコンピューターは、14型フルHD液晶を搭載した薄型モバイルノートPC計3モデルの販売を開始する。(2019/6/24)

モバイルPCトップシェアの「Let's note」が放つ次の一手
5月28日、パナソニックのノートPC「Let's note」シリーズがラインアップを一新した。製品発表会では同シリーズの軽量、長時間、頑丈といったアドバンテージをさらに生かす施策が説明された。(2019/5/30)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
Intelが「第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)」を発表 第9世代Coreプロセッサの新製品も
開発コード「Ice Lake」と呼ばれていた、IntelのモバイルPC向け新プロセッサが正式発表された。同社としては初めてAI(人工知能)に最適化した処理エンジンを搭載し、GPUも刷新。Thunderbolt 3とWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)も内包している。(2019/5/28)

EURO DRESS MODELも登場:
Let's noteの2019年夏モデル発表 CPUの強化やドライブレスモデルの追加
パナソニックは5月28日、同社製モバイルPC「Let's note」シリーズの店頭向け最新モデル「同LV8」「同SV8」「同XZ6」「同RZ6」を発表、6月14日から発売する。主な強化点はCPUの高速化やSSDの増量、新ボディーカラーの採用などだ。(2019/5/28)

エイサー、Windows 10 Pro搭載の11.6型モバイルノート2製品 2in1モデルも
日本エイサーは、法人向けの11.6型モバイルノートPC計2製品の販売を開始した。(2019/5/23)

業務用モバイルPCを常時保護できる紛失対策ソリューション ワンビとさくらインターネットが協業
ワンビとさくらインターネットは、遠隔消去ソフト「TRUST DELETE prime」を用いた業務PC向け紛失対策ソリューションの提供を発表した。(2019/5/16)

プロシューマー向け13.3型モバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile」登場 カスタマイズモデルは「LTE」「16GBメモリ」対応
NECパーソナルコンピュータの軽量モバイルPC「LAVIE Hybrid ZERO」の13.3型モデルが、新たな名前を得てモデルチェンジ。いわゆる「プロシューマー」をターゲットに、実用性を重視した設計となっている。(2019/5/14)

13型台モバイルノートパソコンおすすめ“3選” 12万円以下の良コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも13型台モデルは持ち運びがしやすいことから人気です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格12万円以下の機種を3つご紹介します。(2019/4/25)

まさかこんなに使えるヤツだったとは:
「Surface Laptop 2」にもっと光を! プレミアムなモバイルPCを使って実感したこと
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCが「Surface」シリーズだ。登場から7年近くがたち、ラインアップも豊富になったSurface各モデルの魅力に改めて迫る。まずは「Surface Laptop 2」からだ。(2019/4/19)

SIM内蔵PCで“Wi-Fi難民”防止:
PR:IT部門を「守り」から「攻め」へと変える――IT調達・運用の新しいカタチ「Marutto 365」
近年は「働き方改革」の機運が高まり、モバイルワークの重要性が高まっている。外出先でも利用可能なモバイルPCの調達やモバイル利用を想定した運用管理が求められるため、IT部門の負担は増すばかりだ。これを解消するため、パシフィックネットが提供しているのが、モバイルワークに必要な環境の構築から運用・保守をパッケージ化した「Marutto 365」だ。(2019/4/10)

ASUS、テンキー機能内蔵タッチパッドを備えた13型モバイルノート「ZenBook 13 UX333FA」など4製品
ASUS JAPANは、テンキー機能付きタッチパッドを搭載した13型モバイルノートPC「ZenBook 13 UX333FA」など計4製品を発表した。(2019/3/29)

Topjoy、4コアPentiumを搭載した8型2in1モバイルPC「Falcon」 CAMPFIREで提供
中国Topjoyは、液晶パネルを展開してタブレットとしても利用できる2in1タイプの8型モバイルノートPC「Falcon」の日本国内提供を発表した。(2019/3/26)

レノボ、社外での安全な利用を実現する13.3型モバイルノート「ThinkPad X390」
レノボ・ジャパンは、ビジネス向け13.3型モバイルノートPC「ThinkPad X390」を発表した。(2019/3/19)

マウス、Celeron搭載で4万円台からの13.3型モバイルノート
マウスコンピューターは、13.3型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したエントリーモバイルノートPC「m-Book J322」シリーズを発売する。(2019/3/14)

そのコスパにしびれる:
“スマホのファーウェイ”が作る新モバイルPCはどうだ? MateBook 13の実力を確かめた
ファーウェイ・ジャパンが3月15日から順次発売する新型ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を、いち早く入手できた。その性能をチェックしてみよう。(2019/3/8)

PR:編集長も納得 軽くて力持ちなFMV「LIFEBOOK UH-X/C3」で快適モバイルPCライフ
昨今ニーズが高まっているモバイルノートPC。それに求められているものは何なのだろうか。PC USER編集長の目線から、富士通クライアントコンピューティングのFMV「LIFEBOOK UH-X/C3」をチェックしてみよう。(2019/3/16)

PR:美しく、高性能で、コンパクト――ファーウェイから破格の13型快適モバイル「HUAWEI MateBook 13」がデビュー
「HUAWEI MateBook 13」は、ジャスト13型のディスプレイを搭載したモバイルノートPC。狭額縁デザインでコンパクトにまとめたボディーにワンランク上の体験ができる高性能、エンタメ機能を備える。税別10万円を切るアグレッシブな価格設定で、新生活にもぴったりの1台だ。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/3/13)

PR:新生活にオススメのモバイルノートPCはズバリこれ! FMV「LIFEBOOK UH-X/C3」の魅力を徹底解剖
この春、パソコンを使ってさまざまなことにチャレンジしたい……そんな人にぴったりなのがFMV「LIFEBOOK UH-X/C3」。ビジネスもプライベートも支えてくれる頼もしい相棒だ。(2019/3/25)

2019年PC春モデルのトレンドを考察 「ノートPCの地味ながら着実な進歩」とは
PCメーカー各社の2019年春モデルがほぼ出そろった。モバイルノートPCのトレンド?(2019/2/1)

ギネス認定の“17型モバイルPC”という新提案 「LG gram」2019年モデル
17型液晶ディスプレイを搭載しながら約1340gの軽量スリムボディーを実現したノートPCが登場。(2019/1/30)

ゆくPCくるPC:
待望の「トラックボール付きLet's note」が現れてすぐ消えた理由
平成のガジェットを振り返る連載「30年に渡る“平成のツワモノ”に光を当てる」の第2回は、松下電器産業(当時)のサブノートPC「Let's note」を見ていきます。(2019/1/29)

学生向けの12.5型モバイルPCとボイスで起動する液晶一体型PC LAVIE 2019年春モデルまとめ
NEC パーソナルコンピュータが2019年PC春モデルを発表。見どころをまとめた。(2019/1/22)

「LAVIE Note」に2019年春モデル 学生向け「LAVIE Note Mobile」はキーボードをより打ちやすく
NECパーソナルコンピュータが、ノートPCの2019年春モデルを発表。学生向けモバイルPC「LAVIE Note Mobile」は、2018年モデルの基本コンセプトを引き継ぎつつ、キーボードのキーサイズを見直してより快適に利用できるように改善した。(2019/1/22)

NEC、テレワーク向けの12.5型軽量・薄型モバイルノートなど、ビジネス・教育向けPCの新製品17機種を発表
NECは、12.5型フルHD搭載の軽量・薄型モバイルノートPCなど、ビジネス・教育向けPCの新製品17機種63モデルを発表。ワイドキーボードやACアダプターポート兼用USB Type-Cポートの採用、顔認証対応など、操作性と利便性の向上、セキュリティ面の強化を図っている。(2019/1/21)

エイサー、MIL準拠の堅牢筐体を採用する13.3型/14型法人向けモバイルノート
日本エイサーは、法人向けの13.3型/14型モバイルノートPC「TMX3310」「TMX3410」シリーズを発売する。(2019/1/16)

レッツノート2019年春モデル発表 最大1万円オフの割引キャンペーンも実施
パナソニックがモバイルノートPC「レッツノート」の2019年春モデルを発表。「SV8」および「RZ8」シリーズはCPUに第8世代Coreを採用した。(2019/1/15)

CES 2019:
Dynabookの初「dynabook」は30周年記念の軽量モバイルPC――ラスベガスで参考展示中
1月1日付で東芝クライアントソリューションから社名を変更した「Dynabook」。その初号機が、米国・ラスベガスで開催中の「CES 2019」のシャープブースに展示されている。(2019/1/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。