ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2012年06月07日 11時00分 UPDATE

クラウド上でゲームを実行、PCに配信――データホテルが新サービス

クラウド上でゲームを実行し、PCなどにプレイ画面を配信するプラットフォームをデータホテルが提供。従来のゲーム端末と比べて処理性能が劣るPCなどでもゲームをプレイできる可能性があるという。

[ITmedia]

 NHN Japan子会社のデータホテルは6月7日、クラウド上でゲームを実行し、PCなどの端末に配信する「クラウドゲーミング・プラットフォーム by ubitus」を発表した。今夏以降ゲームメーカーなどに提供し、一般ユーザーが「端末スペックに依存せずにノーダウンロードで高品質なゲームをすぐ楽しめる」ようになるという。

 ゲーム本体のデータやプレイデータなどをサーバ側に保存し、ユーザーがネット経由でゲームをできるようにする仕組み。セーブデータなどもサーバ側に保存するため、ユーザーが自宅でプレイしていたゲームの続きをインターネットカフェでプレイする――といったことも可能になるとしている。

photo システム概要。データホテルは「Interop Tokyo 2012」(6月13〜15日、幕張メッセ)で同サービスのデモを出展する

 ゲームの画面サイズは端末に合わせてサーバ側で自動調整する。ユーザーは従来のゲーム端末と比べて処理性能が劣る安価なPCや、タブレット、インターネットテレビなどで同じゲームをプレイできるようになる可能性があるという。またゲームメーカー側も、ゲーム端末側の実行環境やゲームの不正コピーなどを気にする必要がなくなるとしている。

 通信速度はネットワーク環境によって決まる。同社の山中隆之氏によると、格闘ゲームやレーシングゲームなど高いリアルタイム性が求められるゲームには向かないものの「ロールプレイングゲームやパズルゲーム、シミュレーションゲームなどであれば問題なくプレイできる」場合が多いという。

 まずはNHN Japan傘下でネットカフェ向けゲーム配信サービスを手掛けるメディエーターが導入し、今夏から数十万台のネットカフェPC向けにクラウドゲーム配信サービス「picoon! Game」として提供する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.