ニュース
» 2012年07月17日 08時08分 UPDATE

Microsoft、「Office 2013」カスタマープレビューの提供を開始

「Office 15」のコードネームで開発中の次期オフィススイートの正式名称が「Office 2013」になり、カスタマープレビューのダウンロードがスタートした。Windows 7以降で利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月16日(現地時間)、次期オフィススイート「Office 2013」(コードネーム:Office 15)のカスタマープレビュー版のダウンロード提供を開始した。日本語版は特設ページからダウンロードできる。インストールにはWindows Liveのアカウントが必要で、対応するOSはWindows 7以降あるいはWindows Server 2008 R2以降だ。

 office 1 カスタマープレビューのページ

 Office 2013は、2010年6月に発売された「Office 2010」の後継オフィススイート。正式版の発売時期や価格、エディションについてはまだ発表されていないが、同社が発売するオリジナルタブレット「Surface」のWindows RTモデルにはOffice 2013がプリインストールされることになっていることから、Office 2013の正式版はSurfaceのWindows RTモデル発売(=Windows 8の発売)と同時期になるとみられる。

 Officeのプレビュー版の名称は、「個人のお客様向けOffice Professional 2013プレビュー」となっている。Office 2013はクラウドベースのオフィススイート「Office 365」と異なり、従来通りデスクトップにインストールするスイートだが、SkyDriveとの連係でクラウドの利用が可能になった。スイートに含まれるアプリケーションは「Word」「PowerPoint」「Excel」「OneNote」「Outlook」。カスタマープレビューでは以下のようなことが可能だ。

  • Windows Liveアカウントでログインすることでクラウドの個人設定やドキュメントにアクセス
  • ドキュメントをSkyDriveに保存・編集・共有する
  • Outlookで複数のアカウントを管理する
  • 買収したYammerのソーシャルサービスを無料で利用する
  • Skypeを1カ月当たり60分無料で利用する
 office 2 新PowerPoint
 office 3 新Word

 Microsoftは同日、Office 365のエディションも発表した。こちらのエディションは以下の3つだ。正式版の価格とリリース次期は発表されなかった。

  • Office 365 Home Premium:個人向け。20GバイトのSkyDrive容量と、1カ月当たり60分のSkype無料通話
  • Office 365 Small Business Premium:中小企業向け。メール、予定表、各種Webツール、ビデオ会議機能
  • Office 365 ProPlus:企業向け。上記に加えて、企業レベルのセキュリティなどを提供する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -