ニュース
» 2012年11月14日 19時55分 UPDATE

表と裏にディスプレイ、閉じるとタブレットになるUltrabook「ASUS TAICHI」

天板の両面にディスプレイを備え、閉じるとタブレット端末として利用できる薄型ノートPCをエイスースが発売する。

[ITmedia]
photo ASUS TAICHI

 エイスースは11月14日、天板の両面にディスプレイを備えた世界初の“2画面”薄型ノートPC「ASUS TAICHI」を12月8日に発売すると発表した。タッチ操作対応のWindows 8(64ビット)を搭載し、閉じるとタブレット端末として利用できる。実売予想価格は13万9800円。

 天板の表裏にそれぞれ11.6型ワイドディスプレイを搭載し、外側のディスプレイは10点マルチタッチに対応。通常の「ノートパソコンモード」に加え、閉じた状態で使う「タブレットモード」、2つのディスプレイに同じ画面を表示する「ミラーモード」、異なる画面を表示する「デュアルスクリーンモード」の4つのスタイルで利用できる。

photophotophoto

 2つのディスプレイはともに1920×1080ドットのTFTカラーIPS液晶パネルを採用。500万画素のアウトカメラや、暗所での入力を支援するイルミネートキーボードも搭載する。CPUはCore i7-3517U/1.9GHz、メモリ4Gバイト。ストレージは256GバイトSSD、バッテリー稼働時間は約5.2時間。サイズは306.6(幅)×199.3(奥行き)×17.4(高さ)ミリ、重量1.25キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -