ニュース
» 2013年01月07日 07時06分 UPDATE

Microsoft、GoogleとFTCの和解は「説得力がなく、異常だ」と苦言

米連邦取引委員会がGoogleを提訴せずに独禁法調査を終了したことについて、Microsoftは落胆したと公式ブログで懸念を表明したが、寄せられたコメントのほとんどはMicrosoftに批判的だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月3日(現地時間)、同日発表された米連邦取引委員会(FTC)と米Googleの和解は「説得力がなく、異常だ」と公式ブログで苦言を呈した。

 FTCは複数の競合からの申し立てを受け、2011年6月からGoogleを独禁法違反の疑いで調査してきたが、Googleが商習慣を改善することに合意したため、和解して調査を終了する。

 Microsoftは和解内容の“問題点”を1つずつ挙げ、その不十分さについて説明している。例えば、Googleが検索結果で自社サービスに有利なバイアスを掛けているかどうかという点でFTCが“シロ”と判断したことについて、Googleは検索結果をユーザーのために改善しているというが、「Google+は本当にFacebookより適切だろうか? Googleの旅行検索結果はKayakなどの専門検索サービスの情報より良いだろうか?」と疑問を投げ掛けた。

 FTCはこの判断について、「FTCの使命は市場における健全な競争を保護することであって、個々の競合企業を保護することではない。Googleの行為は米連邦法に反するものではない」と説明している。

 ms この公式ブログで利用できるシェアボタンリストにGoogle+ボタンはない

 Microsoftのこの投稿には既に約40件のコメントが寄せられているが、Microsoftは90年代に独禁法違反調査を受けた際にGoogleと同様の行動をとったという指摘や、「Microsoftは訴訟準備に忙しくてこのブログにGoogle+ボタンを付けるのを忘れたようだ」といった皮肉など、ほとんどがMicrosoftに批判的なものだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -