ニュース
» 2014年01月14日 19時50分 UPDATE

Weekly Access Top10:新年初週に昨年10月の記事が人気? 「日本のマチュピチュ」CM効果

年末年始の休暇を終え、2014年が始まりました。第1週目のアクセスランキングにはなぜか昨年10月の記事が。

[山崎春奈,ITmedia]

 新年あけましておめでとうございます。2014年1週目のアクセス1位は「マカフィー」ブランド終了にジョン・マカフィー氏本人がコメント。馴染みのあるブランド名がなくなるのは不思議な感じです。とはいえ12年末には不法入国の疑いで逮捕されるなどスキャンダラスな話題の絶えない同氏。現幹部の「社員の1人として、マカフィー氏の悪ふざけに対応しなくて済むようになるのはうれしい」というコメントもちょっと笑えます。

 昨年10月の竹田城跡に関する記事が突然上位にランクインして驚きました。原因は、Google検索のCMに「日本のマチュピチュ」として登場したことのようです。実際わたしも年末に母親に「あれってどこにあるの?」と聞かれた覚えが。見る度に行ってみたいと思いつつ、記事にもあるように最近は観光客が集中しているようです。

 年末年始の9連休を終え、1週間働いたのちの3連休――だったのでやっとお正月が終わったような気分です。結局今年は1度も初詣に行かないままでした。初詣は人が多くて疲れてしまうのですが、行かないのもそれはそれでさみしいですね。意味もなくおみくじがやりたい。

 長い休みが終わると、どうしても「次の休みどうしようかな」に思いがいってしまう人間の性……。寒いうちに温泉も行きたいです。スノボもいいですね。迷う〜。……とか言ってないで、今年もお仕事、頑張ります。本年もITmedia ニュースをどうぞよろしくお願いいたします。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -