ニュース
» 2014年01月28日 07時46分 UPDATE

各国に存在するメール不正侵入の請負サイト、顧客の依頼でパスワード入手

メールのハッキングサイトを運営し、顧客の指定するアカウントのパスワードを入手していたとされる人物が、米国など4カ国で訴追された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米連邦捜査局(FBI)は1月24日、ルーマニア、インド、中国の当局と連携して、メールのハッキングサイトを運営していた人物と、そうした不正サイトの「顧客」としてパスワードの入手を依頼していた人物を摘発したと発表した。

 米国ではメールハッキングサイトを運営していた男2人と、他国のハッキングサイトを利用していた3人が、メールアカウントへの不正アクセスの罪で訴追された。

 ハッキングサイト「needapassword.com」を運営していた45歳と29歳の男は、顧客からの依頼を受けて指定されたメールアカウントのパスワードを入手していたとされる。料金はPayPalで決済させ、被害に遭った電子メールアカウントは約6000件に上るという。

 一方、利用客の3人は、中国などのハッキングサイトに1011ドル〜2万1675ドルの料金を払い、アカウントのパスワードを入手していたとされる。

 米国以外でも、同様のハッキングサイト運営にかかわったとしてルーマニアで4人、インドで1人、中国で1人が訴追された。ハッキングサイトは各国に多数存在していて、被害に遭ったメールアカウントはルーマニアのケースで1600件、インドで935件、中国で300件に上っている。

fbi01.gif FBIの発表内容

関連キーワード

ハッキング | FBI | 逮捕 | 不正アクセス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -