ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2014年04月15日 15時37分 UPDATE

STAP細胞問題で理研・笹井氏が16日に記者会見 論文共著者

「STAP細胞」論文問題で、小保方氏に論文執筆を指導したとされる笹井芳樹CDB副センター長が16日に会見。

[ITmedia]

 理化学研究所は4月15日、英科学誌「Nature」に発表した「STAP細胞」論文に不正があった問題で、小保方晴子ユニットリーダーに論文執筆を指導したとされる笹井芳樹 発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長の会見を、16日午後、都内で行うと発表した。

 STAP論文著者で理研に所属するのは小保方氏、笹井氏と、丹羽仁史 CDBプロジェクトリーダーの3人。小保方氏、丹羽氏は会見を行っており、笹井氏の会見で、理研所属の論文著者全員が会見することになる。

 理研調査委員会は、笹井氏について「データの正当性と正確性などについて自ら確認することなく論文投稿に至っており、その責任は重大」と指摘している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.