ニュース
» 2014年05月08日 11時34分 UPDATE

STAP論文不正、理研「再調査しない」と決定 小保方氏に論文取り下げ勧告

「STAP細胞」問題で理研は、再調査しないことを決定し、小保方氏に論文の取り下げを勧告したと発表した。

[ITmedia]

 「STAP細胞」論文をめぐる研究不正問題で、小保方晴子ユニットリーダーから不服申し立てを受けていた理化学研究所は5月8日、再調査を行わないことを決定し、小保方氏に論文の取り下げを勧告したと発表した。

 小保方氏らが英科学雑誌「Nature」に発表したSTAP細胞の論文をめぐっては、理研の調査委員会が「ねつ造・改ざんがあったとした」と研究不正を認定。小保方氏は再調査を求めて不服申し立てを行い、調査委員会が審査していたが、再調査が必要な新たな資料の提出などがなかったとし、「再調査は不要」と結論付けた。

 調査委員会の審査結果を受け、理研は再調査しないことを決定。審査内容をWebサイトで公表した。

 小保方氏に対して同日、審査結果を通知するとともに、論文の取り下げを勧告したという。今後は、理研の規定に基づいて処分を行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -