ニュース
» 2014年07月02日 20時47分 UPDATE

STAP細胞論文、Natureが撤回

NatureがSTAP細胞の論文2本を撤回。STAP細胞の研究成果は白紙の状態に戻ったことになる。

[ITmedia]
photo Natureに掲載された撤回の告知

 STAP細胞問題で、英科学誌Natureは7月2日(現地時間)、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらが発表した論文2本を撤回した。STAP細胞は科学的には白紙の状態に戻ったことになる。

 撤回されたのは1月30日付け(Web版は29日付け)で掲載された2本で、STAP細胞の作製法や万能性について述べた内容。小保方氏ら主要著者が撤回に同意し、Natureに申し入れていた。

 NatureのWebサイトに掲載された撤回理由では、論文について「複数の重大な誤りが見つかっている」として、「STAP現象が実在するかどうか、疑いなしに述べることができない」としている。

 論文自体は「撤回」(Retraction)の注付きでNatureのサイト上に公開されている(論文1論文2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -